カンドレーヴァ「タフな時間だがこのユニフォームを着てファンのために勝利することは特別な感情だ」

カンドレーヴァ「タフな時間だがこのユニフォームを着てファンのために勝利することは特別な感情だ」

 同ネラッズーリ選手がファンからの質問に答えた。

 ミラノ発 – ネラッズーリ選手とのビデオチャットは継続され、今回はアントニオ・カンドレーヴァが自宅からインターネット上でファンからの質問に答えた:「僕らは本当にタフな時間を経験している、可能な限り早期に終わることを願おう。だがまだ深刻な状況だ。家に留まること、ルールを尊重することは重要だ。そうすれば“可能な限り早く通常な状態に戻れる。今はユニークな仕事があり、夏季休暇を除けば毎日家族と一緒に家で過ごすことに慣れていない。この状況から活かせる確かなポジティブ要素だね。毎日息子の成長を見れることは美しい。これまで以上に強くなるよ、なぜなら公園を散歩するなど「普通の」生活の中で当たり前のことがあるからね。今は通常生活が持つ重要性を認識できる。プライベートなことを多くを語りたくない、父親は1年間困難と闘い続けているんだ。だから現在肉体的に近くにいれなくても、彼を抱擁している」 

 ネラッズーリユニフォームと感情に関する多くの質問があった:「サッカーが本当に恋しいね、あとは練習、チームメイトと冗談を言い合ったり、試合での感情、ファンの日々の要素が恋しいよ。インテルユニフォームの中では多くの感情を経験する。コンスタントにスタジアムを満員にし、常に僕らを応援してくれたファンで埋め尽くされたサン・シーロでプレーすることは信じられない。今後も多くを経験できることを願っている。当然トロフィーを掲げたいよ。ベストゴール?#DerbyMilano で決めた最初のゴールが素晴らしかった。大きな喜びと共に覚えているゴールだ。レッチェ戦で決めた得点のようにね, リーグ開幕戦で大勢のファンが見守る中、あのゴールを決めたら最高だ。天にも昇る心地さだった、ユニークな種類の喜びだったね。ピッチ上で最も好きなのは勝利。勝利した時、自信がつく。勝利を祝えるし、勝利は全てを容易にする。翌週の練習でさえもね」

 アントニオ・コンテについて:「監督は言葉少ない男だが、彼が発する言葉は直接頭に入ってくる。彼にとって基本的なコンセプトはハードワークとチームへの犠牲心。僕のキャリアの中で彼は最も重要な監督で、彼については良いことしか言えない。この最高のファミリーはここ数年で最高の王者になった複数選手のホームなんだ。この家族の一員になり、このユニフォームを着用することは僕を誇りで満たす。毎回ピッチに立つ度に尊敬の念を抱いている」

 プライベートと最近について:「僕らは活動的な家族で、怠け者ではない。エクササイズが好きだし、アッレグラはとてもスポーティなんだ。アスリート魂を持つ人が同じ家にいることはイイね。1日の中で僕らは冗談を言い合い、トレーニングをしたり、息子との時間を過ごしたり、全てを一緒に行なっている。お気に入りの食べ物はアマトリチャーナだ。家ではよく食べているし、不健康な食事はしていない。日曜日はピザを食べるけど、小麦で作られている。お気に入りの曲?ジョヴァノッティの「Ragazzo Fortunato」だね、でも僕が歌わない方がいいよ」 

 デビューから今日まで:「プロ選手デビューを飾ったのはテルナーナ選手としてエンポリと対戦した試合だ。僕は当時ユースチームでプレーしていて、監督が短期間の間トップチームに引き入れた。そして同試合で僕をデビューさsる決断をしたよ。当時はとても若かったね。攻撃的MF選手として生まれたよ、常にそのポジションの自由さを好んでいた。だけどチーム内で成長すると、そこには尊重するルールがたくさんあったよ。ウィングでのプレーは成長と何年も一貫性を持つチャンスを与えてくれた。今シーズンは3-5-2の自分のポジションがとても気に入っている。 守備では注意深く、攻撃では相手に問題を起こす必要があるんだ。 憧れた選手はいないが、常に司令塔としてプレーする線sンフの品格と優雅さはずっと好きだったね。これまでずっと背番号87を選んできた。1987年に生まれで、ラツィオ加入以降はずっとその背番号さ。ラツィオでは重要な時間を過ごした。一貫性を見つけ出せたし、キャリアの中で極めて大事なステップだった。インテルのような偉大なクラブに移籍するチャンスとこのユニフォームを着用できる幸運を与えてくれたからね。今は調子は良いよ、多くの熱意と自分を追い込む欲望がある。もっと多くのことが訪れると期待しているんだ」


中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  English Version  Versione Italiana 

Load More