10年前の今日・・・モスクワでのスナイデルのゴール

10年前の今日・・・モスクワでのスナイデルのゴール

 サン・シーロで1-0の勝利を収めた後、ネラッズーリは2010年4月6日にロシアでCSKAと対戦し、チャンピオンズリーグ準決勝進出を果たした

 ミラノ発 – 強烈なシュート:サッカーの実況で良く聞かれるフレーズだ。マルチメディアのサッカー辞典が存在するとしたら、この項目にはヴェスレイ・スナイデルが2010年4月6日にモスクワのルジニキ・スタジアムで放ったシュートの動画が収録されているに違いない。このシュートが決まったのはチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグの6分。サン・シーロで行われた1stレグで、ネラッズーリはミリートのゴールにより辛うじて1-0で勝利していた。

 10年前の4月6日にロシアで行われた試合は、スナイデルのパワフルな右足シュートで幕を開けた。ペナルティーエリアの外、わずか数m右で形成された壁にはエトオがいた。ボールは地面から数cm浮き上がり、壁の下、正確には本田の足の下をすり抜けてまるで魔法のようにゴールに吸い込まれた。アキンフェエフは不意を突かれ、足を伸ばして防ごうとしたがボールに届かなかった。

 ゴール、1-0でインテルのリード。ホームチームにとって大きな打撃だ。ジュリオ・セーザルとアキンフェエフの両チームGKが素晴らしいセービングを見せたことにより、モスクワでの試合はこのまま1-0でインテルの勝利に終わった。大変貴重な勝利を挙げたインテルは、次の準決勝でバルセロナと対戦した。しかしこれはまた別のストーリーだ。

CSKAモスクワ 0-1 インテル、2010年4月6日
ゴール:スナイデル(6分)

CSKAモスクワ:35 アキンフェエフ;6 A. ベレズツキー、24 V. ベレズツキー(14分15 オディア)、4 イグナシェヴィッチ、42 シュチェンニコフ;2 シェンベラス、11 ママエフ;10 ジャゴエフ、18 本田(77分25 ラヒミッチ)、13 ゴンサレス;89 ネツィド(71分20 ギリェルメ)
ベンチ:1 チェプチュゴフ、14 ナバブキン、23 ピリエフ、26 オリセー
監督:レオニード・スルツキー

インテル:12 ジュリオ・セーザル;13 マイコン、6 ルシオ、25 サムエル、4 J. サネッティ;5 スタンコヴィッチ、19 カンビアッソ;27 パンデフ(63分26 キヴ)、10 スナイデル(86分11 ムンタリ)、9 エトオ;22 ミリート(74分45 バロテッリ)
ベンチ:21 オルランドーニ、2 コルドバ、7 クアレスマ、23 マテラッツィ
監督:ジョゼ・モウリーニョ

イエローカード:スタンコヴィッチ、ママエフ
退場:オディア(49分、イエローカード2枚)

主審:ステファン・ラノア(フランス)

 


Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  English Version 

Champions League 2009/2010: CSKA Mosca-Inter 0-1 (Sneijder)

Load More