Lukaku and Adriano, a Nerazzurri chat

ルカクとアドリアーノ:ネラッズーリチャット

 思い出、アドバイス、励まし:左足ストライカー2人の会話。

 ミラノ発 –  Instagramでロメルル・ルカクがもう1人の元インテルFWレフティー選手との会話で大盛り上がりした:アドリアーノ。

 ルカクは子供の頃から常に憧れた選手の1人がアドリアーノだと周りに認めていた。同ベルギー人選手はアドリアーノとのチャットで自身の感情を隠しきれない様子であった。

インテル、ミラノ、ファン
アドリアーノが満面の笑みでチャットを始めた:「インテルの攻撃陣の中心を担ってくれて嬉しい。君とインテルにとって喜ばしいね。健闘を祈るよ。ミラノは素晴らしい街で、ファンは常に鼓舞する。全てが本当にファンタスティックだ」

ルカク:「ロナウドがいた時代の1998年UEFAカップ決勝を観てから、インテルでプレーすることを夢見ていた。イタリアに来る機会があった時、すぐにインテルに行きたいと言ったよ」

若きアドリアーノとルカク
アドリアーノ:
「インテルに加入した時は19歳だった。緊張していたよ:ビックチャンス、夢だったからね。温かく歓迎してもらえた。サン・シーロでの初試合の時、試合に集中するより大半をファンを凝視することに時間を費やした」

ルカク:「アドリアーノがインテルでプレーしている時、僕は子供で完璧に全てを覚えている。ベルギーに住んでたけど、TVを買える余裕はなかった。だから叔父の家に行く土曜日まで待っていたんだ。彼の家にはインターネットがあって、YouTubeでアドリアーノの動画を全部見た。全てのゴールは頭の中に刻まれている。コンフェデレーションズ杯のブラジル対ギリシャ戦で決めた左足の強烈なシュートの得点シーンはしっかり覚えているよ。2週間の毎練習で27mから同シュートを再現しようと試みていた」

アドリアーノのベストゴールと最も感極まった瞬間
アドリアーノ:
「2つある:ネラッズーリ選手として初出場したレアル・マドリード戦のフリーキックと相手陣地内をドリブルで突破して決めたウディネーゼ戦のゴール。当然忘れられないゴールは3-2で勝利した2005年のミラノダービーで決めたヘディングゴールだね。壮観的だった!」

ルカク:「アドリアーノのゴールと言えば、長距離からのパワフルシュートだね。例えばローマでのコッパ・イタリア決勝で挙げた一発とか」

プレースタイルとパーフェクトペア
アドリアーノ:
「ルカクとプレースタイルはとても似ているけど、完璧な得点能力を兼ね備えたペアになっただろうね、とても強力のペアだ。最も大事なのはお互いを助け合うこと。チームメイトは自身の成長を手助ける人たちで、チームのために全力を尽くさせてくれる。2人のプレースタイルはセリエAに合っていると思う。あと最高のシュートパワーがある...」

ルカク:「僕にとってチームメイトが自分のことよりも大事だ。毎試合でラウタロとお互いをサポートし合っている。アドリアーノがインテルの歴史に名を残したように、僕も功績を残せることを願っているね。最初はセリエAに適応する必要が合った。非常に戦術的なリーグだ。でもコンテとコーチ陣スタッフは多くを助けてくれて、今は完全な悠々さを感じている」

攻撃陣のチームメイトとロメルが選ぶウイニングイレブンの先発イレブン
アドリアーノ:
「前線では偉大なる選手と一緒にプレーした:ヴィエリ、レコバ、マルティンス、イブラヒモヴィッチ。監督に関しては言えば、プランデッリがイタリアサッカーの理解度を深める手助けを多くしてくれたね。 同時にマンチーニとモウリーニョは当然忘れてはダメだ。インテル時代はマッシモ・モラッティが常に最大級の愛情を示してくれた。今のチャンファミリーがオーナーを務めるインテルも嬉しいね。彼らはクラブのためにハードワークしている」

ルカク:「ずっとウイニングイレブンの前線はアドリアーノ - マルティンスのコンビだった。中盤はスタンコヴィッチ、ベロン、カンビアッソ、レコバ。僕は負け知らずだった」


English Version  中文版  Versión Española  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia 

タグ: lukaku
Load More