インテルクイズ | Guess the player:セバスティアーノ・エスポージト

インテルクイズ | GUESS THE PLAYER:セバスティアーノ・エスポージト

ツイッターとインスタグラムのクイズの答え

 ミラノ発 - 今シーズンに出場した11試合で、セバスティアーノ・エスポージトは1ゴールを決め、1回PKを獲得した。そして最も重要なことに、未来への鍵となる経験を積んだ。この夏の7月2日に18歳になったばかりの同選手は2019-20シーズン、ネラッズーリの歴史に残る記録を刻み始めた。

セバスティアーノ・エスポージトに関する統計データ

 12月21日のジェノア戦でPKを決めたエスポージトだが、同選手はこの試合でセリエA初ゴールを決めたわけではない。エスポージトはネラッズーリで先発デビューを果たした17歳172日にゴールを決め、インテル史上歴代2番目の若さでセリエA得点者となった:インテル史上最も若くセリエAゴールを決めたのはマリオ・コルソ(17歳97日)だ。エスポージトの後にはマリオ・バロテッリ、アルド・カンパテッリ、ロベルト・チェザーティが続く。

 エスポージトは今季これまでに11試合に出場しており、その内訳はリーグ戦5試合(うち2試合は先発)、チャンピオンズリーグ3試合、コッパ・イタリア2試合、そしてヨーロッパリーグ1試合。ジェノア戦のゴールとCLでのPK獲得は、同選手にとって今シーズンで最も素晴らしい瞬間と言えるだろう。そのCLボルシア・ドルトムント戦では、相手ゴールに迫るエスポージトが倒されてインテルにPKが与えられた。このPKはラウタロの失敗に終わったが、試合は2-0でネラッズーリが勝利した。カステッランマーレ・ディ・スタービア生まれの若きインテルFWは、リーグでもより多くのゴールを決めるチャンスに恵まれた。その中でも2-2の引き分けに終えたパルマ戦での同選手のシュートは見応えのあるものだったが、そのボレーは惜しくもわずかにポストを外れた。

 エスポージトは11試合出場で4本の枠内シュートを含む計7本のシュートを放ち、重要なパスを6本供給した。

セバスティアーノ・エスポージトに関する事実

 セバスティアーノ・エスポージトは、自身と同じくインテルのユース部門で育成されたGKヨヌーツ・ラドゥ相手にネラッズーリ初ゴールを決めた。ロメル・ルカクがこの若きセンターフォワードにボール渡してPKを任せたシーンは心温まるものだった。インテルが4-0で勝利したこの試合の終了後、エスポージトはピッチ側で見守っていた母フラヴィアの元に走り寄り、母親をハグした。エスポージトの家族にとって涙と忘れられない喜びの入り混じった夜になった。

 2002年生まれのエスポージトは、ロナウド・“エル・フェノーメノ”のインテルでの活躍を生で見たことはない。フランチェスコ・トッティのサッカーに魅了されて育ったが、エスポージトが一番好きな選手はディエゴミリートだ:「彼のようになりたい:完璧なストライカー、本当に信じられないような選手だ」

 エスポージトが思い描くネラッズーリのドリームイレブンは超攻撃的な4-2-4だが、守備陣を確定するのは難しかったようだ:「GKはハンダノヴィッチ;守備はマイコン、サムエルかデ・フライ、マテラッツィ、サネッティ;中盤はスタンコヴィッチとブロゾヴィッチ;そして前線にはミリートとロナウド、ラウタロ、ルカクの4人」

ロッカールームでセバスティアーノ・エスポージトの隣はボルハ・バレロ:

 「時々彼のスペースまで僕の物が侵入していることがある。その光景が恋しいよ。彼のアドバイスやピッチでの彼のサッカーを恋しく思うのと同じくらいね」


中文版  Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

タグ: esposito
Load More