エレニオ・エレーラ生誕から110年

 監督の役割に革命をもたらし、グランデ・インテルを世界トップに導いた人物の誕生日。

1/9
エレニオ・エレーラ生誕から110年
エレニオ・エレーラ生誕から110年
エレニオ・エレーラ生誕から110年
エレニオ・エレーラ生誕から110年
エレニオ・エレーラ生誕から110年
エレニオ・エレーラ生誕から110年
エレニオ・エレーラ生誕から110年
エレニオ・エレーラ生誕から110年
エレニオ・エレーラ生誕から110年

 ミラノ発 – インテル創設日から2年1ヶ月1日後、エレニオ・エレーラがブエノスアイレスで生まれた。1910年4月10日から今日で110年が経過した。110年前グランデ・インテルとネラッズーリ史の中で忘れらないページを記した同故人は偉業、最高の功績、サッカーへの生粋の情熱が入った旅路をスタートした。

インテルのBORN INTERでネラッズーリの歴史を振り返ろう

 アトレティコ・マドリードとバルセロナで2タイトルずつ獲得したエレーラはアンジェロ・モラッティのクラブにサッカービジョンの意向を持ってインテルにやって来た。同故人の到着と同時にイドロスカロとピネティナのピッチ上でサッカー革命の舞台となった:新しいトレーニングメソッドとピッチ内外で選手と近く、まず人の頭へそして足へのアドバイスをするコミュニケーション豊富な監督で作られたテクニックのプレースタイル。これが偉大なる選手が王者になる唯一の方法だからだ。

 同故人の革命の力は自身の勝利へのパーソナリティーをグランデ・インテルを作り出した選手たちに理解させる伝達方法だった。彼の献身さはチームに向けられた、細心の注意を払った仕事は並外れた旅路のルーツとなった:リーグ優勝3回(63年、65年、66年)、チャンピオンズカップ優勝2回(64年、65年)、インターコンチネンタルカップ優勝2回。


Versione Italiana  中文版  Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia 

Load More