INTER CALLING:ベルティ、ブレーメ、セレーナ

 歴史的な優勝を成し遂げたインテルチームの3人がチャットに参加し、共に過ごした時間を振り返った。

1/9
INTER CALLING:ベルティ、ブレーメ、セレーナ
INTER CALLING:ベルティ、ブレーメ、セレーナ
INTER CALLING:ベルティ、ブレーメ、セレーナ
INTER CALLING:ベルティ、ブレーメ、セレーナ
INTER CALLING:ベルティ、ブレーメ、セレーナ
INTER CALLING:ベルティ、ブレーメ、セレーナ
INTER CALLING:ベルティ、ブレーメ、セレーナ
INTER CALLING:ベルティ、ブレーメ、セレーナ
INTER CALLING:ベルティ、ブレーメ、セレーナ

 ミラノ発 - インテルの歴史的な優勝チームの3人の偉大な選手:アンディ・ブレーメ、ニコラ・ベルティ、アルド・セレーナがInter Callingの今日のエピソードの主役だ。この3人のレジェンドが歴史的なチームに関するストーリーや逸話を打ち明けた。

 ここからBORN INTERにアクセスして、あなたのネラッズーリ史を体験しよう。

ベルティ:「私たちはチームの背骨だった:1人がスタートさせ、1人はクリエイティブで、もう1人がフィニッシュに持ち込む;歴史的な記録を残したチームの基盤となる3つのポイントだ。チームには素晴らしい一体感があり、私たちは友人でピッチ外でもよく一緒に過ごしていた。これがインテルのチームの秘密だ:密接な関係を築き、楽しい時間を過ごしていた」

ブレーメ:「チームのどの選手も重要な役割を果たした、私たちはロッカールームで素晴らしいスピリットを持っていた」

セレーナ:「アスコリに3-1で勝った後、私たちは第2節でピサに先制点を奪われ、ハーフタイムに少し心配になった。でもその後良いプレーをした。このようなプレーを続ければスクデットを獲得できると思ったよ。アンディとローターの加入によって、中盤でのチームのフィジカル的な存在感が増した。私の考えでは、ブレーメは常に司令塔として左サイドから仕掛け、一度ボールを得たら失うことはなかった:左でも右でも、近かろうが遠かろうがプレーできて、ゲームの指揮を執った。そして私たちのチームにはビアンキやニコラ、ラモン・ディアスのように若い選手もいて、皆違う性質だった。ブレーメは両足で約45m手前から精確に狙うことができた。彼の精度は完璧だった」

ブレーメ:「正直に言うと私はどちらの足も同じように使えたんだ、最も重要なことは得点し、ゴールを生み出すことだった」

 3人にはそれぞれインテルでの象徴的な瞬間や記憶がある:

ベルティ:「バイエルン相手に敗退してから3日後のダービーでは、すぐに立ち直ることのできるこのチームの強さが示された」

セレーナ:「あれは私が決めたなかでも最も素晴らしいゴールの1つだ。チームはとても強い守備をした。中盤のメトロノーム、マッテオリが全ての中心だった。このゴールも彼の動きから始まった、私とのワンツーの後に背後のベルゴミにパスを出したんだ:彼の視野の広さとスキルは別格だった」

 当時このグループを率いていたのはトラパットーニだ:

セレーナ:「トラパットーニは私がとても密接な関係を築いた監督の1人だ。彼は”心理学者”で人とグループを第一に考えていたし、叱ったり、上手くできた時に褒めるのに適切なタイミングをわかっていた」

ブレーメ:「私にとってトラップは一緒に働いたなかで最高の監督の1人だ。非凡な性格の素晴らしい人間だ」

 当時の成功の秘訣の1つは選手たちの関係性と直観だ:

セレーナ:「私とアンディは直観的な関係にあって、すぐにピッチでとても良く理解し合えた。ニコラには最初はイライラさせられた、彼はあまりにも感情的だった。でも彼の唯一無二のクオリティーを理解することができて、良い関係になった」

ブレーメ:「アルドは強いストライカーで、私が知っているなかで最高のFWの1人だ。ニコラはとても強くてスピードもあったが、ロンドの時はいつも真ん中にいたね!」


English Version  Versión Española  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia 

タグ: inter forever

関連ニュース

Load More