OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成

 FCバイエルン・ミュンヘンとの壮絶な物語:マドリード決勝のマッチリポート、ハイライト、写真。

1/40
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成
OTD:インテルが欧州王者、そして3冠達成

 ミラノ発 「この試合に挑むために我々はシーズンを通して練習してきた」これがマドリード決勝の舞台裏である:犠牲心、練習、勝利、苦しみ。公式戦56試合終了、コッパ・イタリア優勝、スクデット獲得、そして過去イタリアチームが成し遂げられなかった偉業を完成させるための日がベルナベウにやって来た。

 ルイス・ファン・ハール監督のバイエルン・ミュンヘンは同決勝戦に意気込んでおり、チャンピオンズリーグ決勝の夜の全要素が完璧になるよう全動作に細心の注意を払い、勉強を怠らなかった危険なチームだった。インテルのスタメンはGKにジュリオ・セザール;DFにマイコン、ルシオ、サムエル、キヴ;MFにサネッティ(同試合でインテル通算700試合目)とカンビアッソ、攻撃的MFとしてパンデフ、スナイデル、エトオが並び、ワントップはミリート。

 全ての決断が重要となり、各プレーが試合の勝敗を左右する可能性を秘めていた。ベルナベウにいたファン全員がそう考えたのは当然だろう。まず満員の群衆はスナイデルの直接FKに視線を送った(ブットにセーブされる)。だが運命の女神はネラッズーリに微笑む:ジュリオ・セザールのロングボールをディエゴ・ミリートがスナイデルにヘディングパス。そして再び前線に走ったエル・プリンシペが同オランダ人からスルーパスを受け取り、トラップから右足シュート。ゴール。ミリートは両手を広げてピッチに倒れ込み、インテルファンを興奮させた。前半は最後にインテルのカウンターアタックで終了する:スナイデルがミリートとの連携からゴール前で決定機を迎えるもブットが正面でボールを弾き飛ばした。スナイデルは同チャンピオンズリーグでチーム内のトップ2スコアラーと最多アシストを記録(6アシストのうち4つがミリートの得点を生み出した)。

 決勝の全てがそこに存在した。後半序盤の意気揚々さは恐怖心へと変貌していく。FCバイエルンが盛り返し、ミュラーが同点弾まであと一歩のところまで迫ったがジュリオ・セザールが防いだ。その直前にパンデフのシュートをブットが手でボールを押し出してバーの上に逃れていた。試合は白熱し、本物の死闘だった。そしてネラッズーリに再び歓喜に踊る。またしてもディエゴ・ミリートの右足からだった: センターライン付近でスナイデルがボールを奪取し、エトオにパス。インテル背番号9は左前にいたエル・プリンシペにボールを渡した。その数秒後に起きることは永遠にインテルのクラブ歴史に刻まれる:コントロール、スキル、ファン・ブイテンを抜き去ったシュートフェイント、ゴール隅に流し込んだ冷静なフィニッシュ。45年の月日を経てインテルは再び欧州の頂点に立ち、イタリアチームでは史上初のシーズン3冠を成し遂げた。

バイエルン・ミュンヘン 0-2 インテル

得点者:ミリート(35分、70分)

バイエルン・ミュンヘン:22 ブット;21 ラーム、 5 ファン・ブイテン、6 デミチェリス、28 バドシュトゥーバー;10 ロッベン、17 ファン・ボメル、31 シュヴァインシュタイガー、8 アルトゥントップ(クローゼ63分);25 ミュラー;11 オリッチ(ゴメス74分)
控え:1 レンジング、13 ゲルリッツ、26 コンテント、23 プランイッチ、44 ティモシュチュク
監督:ルイス・ファン・ハール

インテル:12 ジュリオ・セザール;13 マイコン、6 ルシオ、25 サムエル、26 キヴ(スタンコヴィッチ68分);4 サネッティ、19 カンビアッソ;27 パンデフ(ムンタリ79分)、10 スナイデル、9 エトオ;22 ミリート(マテラッツィ90+1分)
控え:1 トルド、2 コルドバ、17 マリガ、45 バロテッリ
監督:ジョゼ・モウリーニョ

主審:ハーワード・ウェブ(イングランド)

イエローカード:デミチェリス、キヴ、ファン・ボメル
アディショナルタイム:1+3分
観客数:78,000人


English Version  Versione Italiana  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia 

Load More