インテル・クイズ | ホール・オブ・フェーム・スペシャル

インテル・クイズ | ホール・オブ・フェーム・スペシャル

 インテルで最初にホール・オブ・フェーム入りを果たした8人のレジェンドに関するデータ

 ミラノ発 - 今日のインテル・クイズのスペシャル・バージョンで、ネラッズーリ・ファンはこれまでに開催された2回のインテル・ホール・オブ・フェームに選ばれた8人の殿堂選手についての知識が試されることになった。過去の記憶を振り返り、偉大なネラッズーリ・レジェンドに関する統計データをおさらいしよう。

1 - 次の3人のうち、インテル選手としてワルテル・ゼンガより多くセリエAに出場したのは誰

 ワルテル・ゼンガはネラッズーリのホール・オブ・フェーム入りを果たした最初のゴールキーパーだ。セリエAがラウンドロビン・トーナメントとして行われるようになって以降のインテルのセリエA歴代最多出場者リストにおいて、ゼンガは328試合出場でトップ10入りを果たしている。選択肢に挙げられた3人の選手(ブルニチ、コルドバ、アルトベッリ)のうち、インテルのユニフォームを着てセリエAでゼンガより多くの試合に出場したのはブルニチ358試合)のみだ。

インテルのセリエA歴代最多出場選手トップ10

サネッティ – 615試合

ベルゴミ – 519試合

ファッケッティ – 475試合

マッツォーラ – 417試合

コルソ – 413試合

バレージ – 392試合

ブルニチ – 358試合

ゼンガ – 328試合

コルドバ – 323試合

アルトベッリ – 317試合

 

2 - ローター・マテウスはワールドカップ本大会における出場試合数の世界記録(25試合)を保持している。マテウスに次ぐ2位、3位の出場試合数を記録している2人の選手は誰?

 第1回ホール・オブ・フェームに選ばれたローター・マテウスはW杯本大会で歴代最多出場試合数1位の25試合に出場した。2位はミロスラフ・クローゼ24試合)、3位はパオロ・マルディーニ23試合)だ。W杯本大会で20試合以上に出場しているのは以下の選手だけだ:

マテウス – 25試合

クローゼ – 24試合

マルディーニ – 23試合

ジュムダ、ゼーラー、マラドーナ – 21試合

 

3 - ロナウドはそのキャリアにおいてセリエA1度だけハットトリックを達成した。その対戦相手は?

 ロナウド“エル・フェノーメノ”は最初にホール・オブ・フェーム入りを果たしたフォワードだ。フェノーメノがそのキャリアで唯一のセリエAハットトリックを記録したのは1998215日に行われたレッチェ戦で、インテルはロナウドに加えてミラネーゼとコウエも得点し、5-0の勝利を収めた。

 

4 - フランチェスコ・トルドがセリエAで最後のPKをセーブした試合の対戦相手はどのチーム?

 フランチェスコ・トルドがセリエA最後のPKセーブをしたのは200756日のメッシーナ戦だった。インテルの伝説的な同GKはアルトゥーロ・ディ・ナポリの蹴ったPKを見事に止めてみせた

 

5 - インテルが優勝した1964-65シーズンのヨーロピアン・カップで、ジャチント・ファッケッティは初めて同大会でゴールを決めた。その試合の対戦相手はどのチームだっただろうか?

 ジャチント・ファッケッティは1964-65シーズンにヨーロピアン・カップでは初となるゴールを決めた。ファッケッティが同大会初ゴールを決めたのは1965512日に行われた伝説的な準決勝2ndレグで、対戦相手はリヴァプールだった。ファッケッティはそのキャリアでヨーロピアン・カップにて計5ゴールを記録している。

 

6 – ジュゼッペ・メアッツァは216ゴールでセリエAの歴代最多得点者リスト4位となっている。これはイタリア国内リーグにおいてどの選手と並ぶ記録だろうか?

 2019年にインテルのホール・オブ・フェームに選ばれたジュゼッペ・メアッツァは、セリエA216ゴールを記録し、同リーグの歴代最多得点者リストの4位になっている。メアッツァと同数の得点数を記録しているのはアルタフィーニだ。

 

7 – ハビエル・サネッティがセリエAデビューを果たした19958月、インテルの監督を務めていたのは誰だった?

 ハビエル・サネッティは1995年8月27日に行われたヴィチェンツァ戦でセリエAデビューを果たした。その時のインテルの監督はオッタヴィオビアンキだった。

 

8 – デヤン・スタンコヴィッチがインテル選手としてセリエAで最も多くゴールを記録したのは2006-07シーズンだった。その得点数は?

 デヤン・スタンコヴィッチは2006-07シーズン、セリエAで6ゴールを記録した:キエーヴォ戦でシーズン初ゴールを決めた後、カターニア戦でドッピエッタ、#DerbyMilano1ゴール、そしてフィオレンティーナ戦とエンポリ戦でも1ゴールずつ決めた。スタンコヴィッチが2006-07シーズンの次に多く得点したシーズンは2008-09シーズンと2010-11シーズンで、それぞれ5ゴールを記録した。


English Version  Versión Española  中文版  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia 

Load More