INTER CALLING:エムレとオカン

 元ネラッズーリ2選手が今日のゲスト。

1/7
Inter Calling:エムレとオカン
Inter Calling:エムレとオカン
Inter Calling:エムレとオカン
Inter Calling:エムレとオカン
Inter Calling:エムレとオカン
Inter Calling:エムレとオカン
Inter Calling:エムレとオカン

 ミラノ発 – エムレ・ベロゾールとオカン・ブルクがクラブ歴史の思い出を振り返るInter Calling最新エピソードのゲストとして登場した。

ここをクリックしてBORN INTERにアクセス

 ガラタサライでUEFAカップ優勝を果たしたオカンはインテルに加入した時の感情を思い出した:「我々はガラタサライで2000年UEFAカップ優勝、2001年チャンピオンズリーグ準々決勝まで進出した。その欧州大会での成功が我々に栄誉を与えたよ。年齢と才能を考えると、エムレは欧州で最も注目され際立っていた若手選手の1人だった。インテルは彼を認知して、私にも興味を抱き始めた。インテルのような常に偉大なる選手がいるクラブに移籍することはとても興奮した」 

 彼らのインテルデビューは忘れられない瞬間だった、とエムレが語った: 「我々の初ゲームはリーグ戦で二人とも途中出場した。 当然ワクワクして熱狂的だったね。最も大事だったのはシーズン最初の勝利でペルージャ相手に白星を飾れた。オカンと私は2-1の状況でピッチに入り、最終的に4-1で勝利した。オカンは特にエネルギーに満ちた選手で彼から多くを学んだ。結果的に我々は途中出場ながら違いを作り出せと感じられて、良かった」

 在籍したシーズンには多くの偉大なるチャンピオンがインテルユニフォームを着用していた。エムレ: 「もし強いて選ぶとしたら、エル・フェノメノのロナウドだろう。彼以外にはサネッティ、ヴィエリ、レコバ、セードルフがいた。我々は信じられないような選手たちと一緒にプレーした。1人の特定した名前を言うのは好きじゃないが、彼らが最初の頭に浮かんだね」

 オカンも複数の選手名を言った:Okan also mentioned several names: “Obviously 当然偉大なる選手がいた。キャリアで素晴らしい功績を残した若き日のアドリアーノ、当然ロナウドは本物の逸材だった。彼の絶頂期だったよ。インテルでの在籍3年間で最も感心させ、今監督して参考にしている手本となる人物はサネッティだった。彼の練習と試合での一貫性あるパフォーマンスは最高だったし、彼は全力でプレーしていた。私の在籍した3年間で彼は試合と練習を一度も休まなかった。言うまでもなく才能とスキルは極めて大事な要素だが、サネッティのプロ精神を強調したい」

 両氏は献身性と情熱でネラッズーリファンの愛情を勝ち取った:

 オカン:「そうだ、我々は情熱を持っていたし、ピッチ上にいた時は走ることを止めなかった。我々のアプローチ、お互いをよく理解していたこと。常にガラタサライで実践していた激しいプレッシングという同じ戦略でピッチ上を駆け回り、相手にプレスを仕掛けて常に厳しく闘っていた。そしてダイナミックさもあったから、ファンに愛されていたのかもね。クーペルが時々我々にこう叫んでいたよ:おい!二人ともどこへ行くんだ!自分のポジションにいろ!。多くの情熱を持っていた、チームを最優先にしていたし、無尽蔵のエネルギーで止まることなく走り回った」


Versión Española  English Version  Versione Italiana  中文版 

タグ: inter forever
Load More