インテル対サンプドリア戦前のコンテのインタビュー「シーズン終盤はあらゆる手段が許される」

インテル対サンプドリア戦前のコンテのインタビュー「シーズン終盤はあらゆる手段が許される」

 ネラッズーリの監督が21日(日)現地時間21時45分キックオフの試合に向けてコメントを発した。

 ミラノ発 - リーグ戦がついに再開する。3ヶ月以上の中断期間を経てネラッズーリはサン・シーロのピッチで第25節サンプドリア戦に挑む。無観客で開催される同対戦のキックオフ時間は、21日(日)現地時間21時45分(日本時間22日4時45分)(ネラッズーリの試合日程はこちらをチェック)。この重要な1戦を控え、アントニオ・コンテ監督はインテルTVのインタビューに応じ、試合に向けての考えを語った。

 「我々は再開へ向けて大きな情熱を抱いている。これは当たり前のことだ。単にトレーニングをこなすのみの状況は理想的ではない。我々には競い合う場所が必要だ。ハードワークを行ない準備を進めてきた。シーズン終盤には厳しい戦いが待っている」

 隔離期間中、チームは数週間にわたり練習場を離れた。以来、準備を行う中で新たな側面が見直されている:「我々はこの期間中、フィジカル面と戦術面の両方の観点から仕事に取り組んできた。その過程で様々な解決策を模索し、改善を目標に仕事をしてきた。例えばエリクセン:彼は今、完全にチームに定着している。我々の仕事ぶりには満足している:これまで一緒に過ごしてきた数ヶ月間で得た知識を、更に洗練させることができた。我々の目標は、チームの全選手の能力を最大限に引き出すことにある」

 リーグ再開は無観客試合と5人の選手交代という、2つの新しい側面を伴う:「選手交代に関するルール改正は適切だと考えている。3、4日おきに試合を行うことになり、暑さの影響も考えると、全選手が必要となるだろう。これを考慮に入れ、全選手を交えてトレーニングを進めてきた。私は非常に落ち着いている:私の選手は全員、リーグが再開した際、また試合の中両方で、何が自分に求められているかを理解している。ファンに関しては、スタジアムに来られないのは明らかに辛いことだ。私たちも彼らの不在を感じている。この困難な時期が過ぎ去ることを願っている。日常が、またネラッズーリファンのサポートが戻ってくることが必要だからだ」

 試合日程同様、新しいキックオフ時間も考慮の必要がある:「21時45分キックオフの試合のプランを立てるには、その日1日の日程に関し細部まで気を配る必要がある:朝食、昼食、休憩時間について配慮しなければならない。13試合を連戦でこなすことになるため、前日泊はしないことにした:選手たちは自宅で寝泊まりし、試合当日に集合します。アウェイ戦でもこのやり方で統一して貫く」

 インテルは勝ち点獲得に燃えるサンプドリアと対戦する:「ラニエリと対戦することになる。彼は素晴らしい監督であると同時に、友人の一人であり、定期的に会っている。彼の成功を祈っているよ...でもそれはこの試合が終わってのことだ! 日曜日に勝てば、12試合を残して首位との勝ち点差を6ポイントに縮めることができる:決して不可能なことではない。我々はハードに、そしてインテンシティを持って仕事をしてきた。気分はあくまで前向きだ

 「リーグ戦最終節まで一切の躊躇と制限なく、最高レベルのプレーをしたいと思っている。上位のチームに比べればミスを許され回数は少ないが、我々には意欲と熱意と情熱がある。チームはあらゆる面での成長をまた一歩遂げた」


Versión Española  English Version  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia 

Inter-Sampdoria, le parole di Antonio Conte alla vigilia del match

タグ: セリエA conte
Load More