さようなら、真のインテリスタであり永遠のチャンピオン、マリオ

 何世代にもわたってファンたちを魅了した珠玉の才能、マリオ・コルソが本日20日、78歳でこの世を去った:クラブと世界中のインテルファンからご家族の皆様のご傷心を拝察し心よりお悔やみ申し上げる

1/13
Inter's deepest condolences for the death of Mario Corso
Inter's deepest condolences for the death of Mario Corso
Inter's deepest condolences for the death of Mario Corso
Inter's deepest condolences for the death of Mario Corso
Inter's deepest condolences for the death of Mario Corso
Inter's deepest condolences for the death of Mario Corso
Inter's deepest condolences for the death of Mario Corso
Inter's deepest condolences for the death of Mario Corso
Inter's deepest condolences for the death of Mario Corso
Inter's deepest condolences for the death of Mario Corso
Inter's deepest condolences for the death of Mario Corso
Inter's deepest condolences for the death of Mario Corso
Inter's deepest condolences for the death of Mario Corso

 ミラノ発 - 歴史に名を残す運命にある、永遠のチャンピオン、そして敬愛せずにはいられない唯一無二の才能を有する人間というものがこの世には存在する。マリオ・コルソもその一人であり、これからも永遠にそうあり続けるだろう。同氏の左足と「枯れ葉」のようなフリーキックは世界中を魅了した:誰もがそ真似しようと試みた同選手のプレーに関する記憶は、次なる世代へを受け継がれた。

 自身のアイドル、オマール・シボリへのオマージュとして、常に靴下を捲り上げプレーし続けた同氏はサン・シーロでの毎試合毎に、ドレッシングルームを出る際に左足を3回叩いてからピッチへと上がり、その左足で魔法を使った。1965年5月12日、3・シーロでの準決勝でインテルがクラブ史上最大といえる逆転勝利をリバプール相手に収めたときのように。マリオ・コルソは生粋のインテルそのものであり、ファンからの敬愛を集め、また対戦相手からは1961年のイタリア戦後、イスラエル代表の監督に「神の左足」と名付けられた。彼はマリオニーノと呼ばれ、アイドル、そして友として愛された。

 グランデ・インテルのスターとして頂点を極める前の1958年11月30日ボローニャ戦で、当時17歳3ヶ月5日のコルソはネラッズーリ史上最年少得点をあげた。彼は誠実で率直でありながら、彼のサッカーと同じように決して凡庸ではなかった。1957年から1973年までインテルで活躍し、502試合に出場94ゴールを記録。3シーズンにわたってキャプテンを務め、4度のリーグ優勝、2度のヨーロッパカップ制覇、2度のインターコンチネンタルカップ獲得後、監督として、またファンとしてのネラッズーリでの長いキャリアをスタートさせ、出会う人々に絶え間なく新しいサッカーのやり方を発見させた。マリオ・コルソのプレースタイルは、ネッラズーリファンだけでなく、サッカーを愛する世界中の人々に愛されている。

 さようなら、マリオ。あなたのすべてを私たちは恋しく思い出すことだろう。


Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

タグ: クラブ
Load More