今季セリエA:ネラッズーリに関する10つの要素

今季セリエA:ネラッズーリに関する10つの要素

 ゴール、アシスト、得点者など:サンプドリア戦前に今季を振り返ろう。

 ミラノ発 – リーグ戦再開!コロナウイルスでの長期一時中断後、セリエAが再開する。インテルは日本時間22日4時45分からスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァで延期になっていた今季リーグ戦第25節サンプドリア戦に臨む(無観客試合)。同試合を前に今季これまでのインテルの成績を振り返る。

1) 今季公式戦でインテルは最長何試合連続ゴールを記録した?

19

ネラッズーリは今シーズン最初の19試合で得点を決めた。クラブ史の中でインテル新監督が最初の19試合でゴールを見たことはなかった。

2) 今季公式戦これまで何人のインテル選手が得点を決めた?

18

新記録!今季ネラッズーリは最多となる18人の選手が1ゴール以上を決めている:ラツィオとローマが16人。

3)今季公式戦でアントニオ・コンテ率いるチームの無得点試数は?

3

インテルは今シーズン公式戦37試合を戦って3試合無得点:セリエAのローマ戦とユヴェントス戦、コッパ・イタリアではナポリ戦。

4) 今シーズン1試合平均アシスト数が一番高いインテル選手は誰?

アントニオ・カンドレーヴァ

アントニオ・カンドレーヴァとマルセロ・ブロゾヴィッチは今季チームトップのアシスト数(6)を記録している。しかしカンドレーヴァの1試合平均アシスト数が高い:27試合6アシスト、1試合平均0.22。

5)今季ロメル・ルカクがドッピエッタを達成した試合数は?

6

同ベルギー人は今シーズン合計6回ドッピエッタを達成:セリエAで5回、コッパ・イタリアで1回。今季セリエAに関して言えば、チロ・インモービレだけがルカクの記録より多い(8試合)。

6) 中断前最後にインテルのゴールを決めたのは誰?

アシュリー・ヤング

同イングランド人選手は2月16日のラツィオ戦で得点を決めた。これは同選手がインテル加入以降出場したセリエA通算5試合で唯一の得点。

7) 今季リーグ戦でインテル選手として唯一途中出場から得点を決めた選手は誰?

アレッサンドロ・バストーニ

同若手選手は今季セリエAで唯一インテル選手として途中出場からゴールを奪った(2020年1月レッチェ戦1-1)。しかし欧州大会だと2人:ニコロ・バレッラ(2019年9月CLスラヴィア・プラハ戦)とロメル・ルカク(2020年2月ELルゴレツ戦)。

8) 今季リーグ戦10試合出場しているアウトフィルダー選手の中で、唯一インテルで全試合に先発出場しているのは誰?

ミラン・シュクリニアル

同スロバキア人選手は今季リーグ戦24試合出場。インテルに加入した2017-18シーズン以降、シュクリニアルはチーム最多試合出場を達成している(全97試合先発出場)。

9) ラウタロ・マルティネスは今季リーグ戦で11得点。そのうち何得点が前半45分間に記録された?

9

ラウタロは今季リーグ戦11得点のうち9得点(82%)を前半45分間に決めた。残りの2得点はアウェイ戦後半45分間:サッスオーロ(71分)、ナポリ(62分)。

10) インテルは今季セリエAで何得点を奪っているか?

49

ロメル・ルカクがチームトップスコアラー(セリエA):同ベルギー人選手は17得点(PKから4得点)。次にラウタロ・マルティネス(11得点、PKから2得点)、センシとブロゾヴィッチが3得点と続く。

今季セリエA順位表

 


English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española 

タグ: セリエA
Load More