ビラーギ「ゴールには喜んでいる」

ビラーギ「ゴールには喜んでいる」

 インテル初ゴールを奪った同選手のインタビュー。

 ミラノ発 – 2018年9月以来となるセリエA得点となった:クリスティアーノ・ビラーギがサッスオーロ戦で優れた守備とネラッズーリの攻撃に貢献した:コンシーリに防がれたFK、多くのクロス、スコアを2-1とする得点。今季セリエAインテル通算16人目の得点者のゴールは勝利に結びつかなかった。同選手がインテルTVのインタビューでコメントした:「ゴール以外で言えば、序盤にペースを見つけ出すのに苦戦したけど試合に戻れて嬉しかった。勝点3を掴み取りたかったね。僕のゴールはリードを奪った。でも残念ながら試合の流れは見ての通りだ。多くの後悔がある」

 「インテルのためにプレーする時、偉大なるチームの一員ですぐに動き出す必要がある。アウェイでのパルマ戦は調子を取り戻すチャンスだ。最高のチームのように考えないといけない。僕らは勝利することに集中している。僕ら再開以降、相手チームより多くのチャンスを作っている:試合を決めることが問題化しているね。ナポリ戦と今日もだ。このような試合で勝利を確保するために全力を出して、勝ちき切れず、ミスが原因で勝点3を取りこぼすのは残念だよ。高い目標を目指すなら、これは僕らが進むべきステップの一つだ」


Versione Italiana  English Version  Versión Española  中文版  Versi Bahasa Indonesia 

Load More