Parma 1-2 Inter, the game decided by de Vrij and Bastoni's late goals

デ・フライとバストーニのゴールでインテルがタイムアップ直前に逆転勝利

 序盤ジェルヴィーニョに先制を許すも、センターバック2選手のゴールで逆転に成功

 パルマ発 – 敗戦は最早決定的だった。サッスオーロ戦を3-3の引き分けで終えたインテルの士気は、次なる打撃を被る寸前まで追い詰められ、ドローの希望すら潰えたかに思われた。だがタイムアップを迎える直前、インテルは逆転に成功。チームは最後まで諦めず、ステファン・デ・フライとアレッサンドロ・バストーニの2選手が、正しい場所で正しい時間帯に正しい働きをして見せた。ディフェンダーの2選手がゴール前に立った、2つの瞬間:その83分から87分の間に、インテルは逆転を果たし、勝利、そして勝ち点3を手にした。

試合のフォトギャラリー

ライブマッチリポート(英) 

 サッスオーロ戦の引き分けの記憶、自らのゲームプランを実行するパルマの実力: 予想もつかない難局というトラップがこの1戦には潜んでいた。先制点を奪ったのは、クルセフスキの積極的なプレーからチャンスを得たジェルビーニョ。前半、そして後半の大部分は、ダヴェルサが指揮を執るパルマのゲームプラン通りに試合が展開。2人のウインガーが両サイドをえぐりゴールへと迫った。パルマは5-3-2の布陣でコンパクトな守備を崩さず、7選手がセペの守るゴール前を固め、攻撃陣を担う3選手が40メートル前に位置を取りカウンターのチャンスを窺った。そのプランが実を結び、15分にはジェルビーニョがインテルディフェンスを翻弄、パルマの先制点をもたらした。

 対するインテル攻撃陣において、とりわけ躍動感に溢れていたのはラウタロ・マルティネスだ。だが試合開始から6分間で同選手が放った2本のシュートは枠を捉えきれず、またガリアルディーニのシュートもデルマクがブロック。インテルは攻勢を強めるが、スピードを欠き短調な攻撃に終始。パルマはカウンターからクルセフスキやコーネリウスが好機を掴んだが、こちらも同様にチャンスを活かしきれない。エキサイティングな試合とはかけ離れていたものの、両チーム共に数多くの好機を演出。インテルは一歩も引かず、バレッラが前線でネラッズーリの攻撃を牽引した。

 後半、インテルの攻撃は若干勢いを増すが、サイドからのクロスはことごとくパルマディフェンスに跳ね返される。エリクセンのシュートは枠を捉えきれず、反撃に出たパルマもまた、カウンターからクルセフスキが放ったフィニッシュはポストを掠め、続くシュートもハンダノビッチが好セーブで追加点を許さない。この局面を打開したのはステッリーニ(コンテは出場停止中)の交代策だった:残り時間20分でサンチェスがサイドからチャンスを演出。ルカクのポスト横に外れたシュートに続き、サンチェスがの右足がセペのビッグセーブを引き出した。

 そして83分、ついに同点ゴールが生まれる:デ・フライがCKからラウタロがゴール前へと流したボールをヘッドで叩き1-1。これで冷静さを失ったパルマはクツカが審判にレッドカードを提示され数的不利に立つ。87分、同じく途中出場のモーゼスが完璧なクロスをファーポストのバストーニへ上げ、同CBがこれを頭で押し込みインテルがついに逆転に成功する。

 バストーニはレッチェ戦でのヘディングに続き、今シーズン2度目となる途中出場からの得点を記録。この記念碑的なゴールにより、インテルは勝ち点を61に積み上げた。この逆転勝利は1日(水)現地時間19時30分からサン・シーロで行われる、次節ブレシア戦の試合に向けて追い風となることだろう!

パルマ 1-2 インテル

得点者:ジェルヴィーニョ(15分)、デ・フライ(84分)、バストーニ(87分)

パルマ(4-3-3):1 セペ;16 ロリニ(86分 36 ダルミアン)、3 デルマク(77分 5 レギーニ)、22 アウヴェス、28 ガリョーロ(46分 97 ペッツェッラ);33 クツカ、21 スコッツァレッラ(55分 10 エルナニ)、19 クルチク;44 クルセフスキ、11 コーネリウス、27 ジェルヴィーニョ(87分 15 ブルグマン)
ベンチ:34 コロンビ、92 ラドゥ、7 カラモー、17 バリッラ、20 カプラーリ、26 シリガルディ、93 スプロカーティ
監督:ロベルト・ダヴィルサ

インテル(3-4-1-2): 1 ハンダノヴィッチ;2 ゴディン(73分 95バストーニ)、6 デ・フライ、33 ダンブロージオ;87 カンドレーヴァ(69分 11 モーゼス)、23 バレッラ、5 ガリアルディーニ、34 ビラーギ(69分 15 ヤング);24 エリクセン(69分 7 サンチェス)、9 ルカク、10 ラウタロ・マルティネス(89分 20 ボルハ・バレロ)
ベンチ: 27 パデッリ、46 ベルニ、13 ラノッキア、18 アサモア、30 エスポージト、31 ピロラ、32 アゴウメ
監督:クリスティアン・ステリーニ(コンテは前節退場のため欠場)

イエローカード:ラウタロ・マルティネス、デルマク、ガリアルディーニ、クツカ、ゴディン、クルティッチ、モーゼス
レッドカード:ベルニ、クツカ
アディショナルタイム:3+5分

主審:マレスカ
副審:モンディン、プレンナ
第4審判:ラ・ペンナ
VAR & VARアシスタント:グイダ、ヴィヴェンツィ

 


English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  Versione Italiana  中文版 

タグ: セリエA
Load More