パルマ対インテル戦の統計データ

パルマ対インテル戦の統計データ

 勝利したパルマ戦のスタッツ。

 勝利したパルマ戦でアントニオ・コンテの選手たちは貴重な勝点3を獲得した同時に今季の実力の一部を垣間見せた:ヘディングゴール、アウェイ戦勝利、DF選手が得点。Opta社の協力のもと、同試合のスタッツを紹介する。

 ネラッズーリはアウェイ戦に強い:インテル同様に今季セリエAでどのチームもアウェイ戦で勝点を得られていない – 32。ビハインドから逆転勝利を収めるネラッズーリの能力は特に重要だ:勝点14。アタランタ(勝点22)、ラツィオ(勝点19)、ボローニャ(勝点15)だけがインテルより上回っている。

 インテルはスタディオ・タルティーニで1点ビハインドの状況から4分間(83分-87分)で逆転。これは2011年4月チェゼーナ戦以来初となる試合時間80分以降での逆転勝利となった(ジャンパオロ・パッツィーニが92分と96分にゴールを決めた)。

 インテルDF選手のヘディングゴールが勝利を呼び込んだ。今季セリエAでインテルはヘディングゴールを13得点記録している。現在リーグ戦でトップ(少なくともどのチームより2ゴール以上多い)。補足:最後にインテルDF選手2選手がが同じ試合に得点を決めたのは2018年2月に遡る - シュクリニアルとラノッキアが得点を奪ってベネヴェントを倒した。

 バストーニはインテル選手として通算2点目を決めた:同2得点ともアウェイ戦での途中出場からのヘディングゴール(1得点目はレッチェ戦)。ステファン・デ・フライは少し得点力が高い。同オランダ人は今季リーグ戦で3得点3アシストを記録している。


Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  中文版  English Version  Versione Italiana 

タグ: セリエA
Load More