コンテ「最大限の成果を出したい。私の選手たちを信頼している」

コンテ「最大限の成果を出したい。私の選手たちを信頼している」

 インテル対ブレシア戦前記者会見でのネラッズーリ監督のコメント

 アッピアーノ・ジェンティーレ発 – 敵地で臨んだパルマ戦の勝利後、インテルは次のセリエA第29節に向けて準備を行っている。対戦相手はディエゴ・ロペスが監督を務めるブレシアで、試合は7月1日(水)現地時間19時30分(日本時間2日2時30分)にサン・シーロで行われる。アントニオ・コンテが試合前日、インテルTVにて記者会見を行った:「ブレシア戦準備のための時間は大変短いが、我々には目標がある:良いパフォーマンスを出して最大限の成果、3ポイントの勝点を獲得したい。小さいトーナメントのようだと思っているし、我々には勝利が必要だ」

 ネラッズーリはタルディーニで臨んだ前節でスリリングな逆転勝利を果たした:「サッスオーロ相手のホーム戦で90分に同点ゴールを許したことは、精神的な打撃になり得た。しかし我々がパルマ戦で見たのは素晴らしいチームだった。特に後半のパフォーマンスと選手たちの見せたリアクションに満足している。防げたはずの失点もあったが、同時に我々は良いプレーでゲームに留まり、戦い続けて、最終的に優れたチームを相手に勝利し勝点3を手に入れた」

 インテルでは、今季セリエAにて16人の異なる選手が得点者となっている:「ポジティブな点はとてもたくさんあるが、それはグラスの半分が満たされていると思うか、半分が空だと思うかというように見方によって変わる。我々は自分たちの道を進み、対戦相手が我々に大きなリスペクトを抱いていると知っていてもハードワークと改善を続けなければならない」

 リーグ戦で短期間に多くの試合が行われる現状では、メンバー変更とローテーションがいつも以上に重要になる:「この気温でこれほど短い間隔で試合が行われる場合、特に試合の終盤にエネルギーが足りなくなるのは普通だ。選手交代が大変重要になるし、5人の選手を新たにピッチに送り出せるので、彼らによってゲームにフレッシュなエネルギーをもたらし、自分たちのゲームに更なる活気を与えることができる。パルマ戦では、出場停止処分によりシュクリニアルを起用することができなかった。3,4日毎に試合を行う時は、負傷を避けるためにローテーションを組まなければならない。ニコロ・バレッラが少し疲労を感じていたので、サッスオーロ戦ではリスクを冒したくなかった。選手たちを深く信頼して、この新しい状況に対処しなければならない。選手たちは全員良いトレーニングをしているし、ピッチで何をすべきがわかっている。だからローテーションには何の問題もない。重要なのは、試合結果がチームの顔触れによって変わらないことだ、我々は勝ち続けなければならない。中盤の選手が欠けていたが、ブロゾヴィッチとベシーノは復帰間近だ。しかしステファノ・センシに関してはもう少し待つ必要がある。毎試合スターティングメンバーが選ばれて、特に運動量が求められるポジションでは先発入りする可能性が高いと選手たちもわかっている。3日毎に行われる試合のために良い代替案を考え、試合中、そして試合と試合の間もローテーションを組まなければならない。途中出場する選手は、スターティングメンバーと同じく常に全力を尽くしている。彼らは時に決定的に重要な役割を果たすことがあるし、試合によってそうでないこともある。しかし今からシーズンが終わるまで、スターティングイレブンも交代選手も常に100%出し尽くすことを私は望んでいる」

 水曜日にサン・シーロで行われる試合の対戦相手は、リーグ残留のために勝点を必要とするブレシアだ:「ブレシアは結果を出すためにサン・シーロに来る、なぜなら彼らはどの試合でも勝点を獲得する必要があるからだ。だから我々は十分に注意しなければならない。しかし我々自身も貪欲に勝点を望んでいるし、強く勝利を願っている」

 最後にコンテは、パルマ戦でテクニカルエリアからチームを指揮したアシスタントコーチのステッリーニに言及した:「ステッリーニにとって素晴らしいデビューになった。私は自分のコーチスタッフに関して、その仕事ぶりにも選手との関係にも大変満足している。そのため、私は全く心配していなかった」


中文版  Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española 

タグ: conte
Load More