ダンブロージ「決してテンポをおとさなかった」

ダンブロージ「決してテンポをおとさなかった」

 6-0で制したブレシア戦後のネラッズーリの同DFのコメント

 ミラノ発 - 素晴らしいタイミングと卓越したスキルで決めたヘディングゴール。スコアシートにその名を刻むことにおいて、目下ダニーロダンブロージオの右に出るDFはいない。同選手はレオナルド・ボヌッチに並び、セリエA直近5シーズン連続で最低2得点を記録した唯一のDFだ。

 同選手はインテルTVの試合後インタビューでブレシア戦の勝利についてコメントを発した:「ゴールを決めることはいつも嬉しいよ。でも今夜僕らが決めた得点と同じくらい重要なのはクリーンシートを達成したことだ。大量得点は本当に嬉しいね、でも失点を一切許さなかったも嬉しいよ。ここ最近の試合では失点が多かったからね」

 今節は多くの選手が攻撃に参加し得点をあげた: 「監督は常にサイドの選手からのチャンスメイクを求めてきた。僕らは決してテンポをおとさず、ボールを奪うために高い位置で守備をし、結果を出すためにハードワークを惜しまなかった。僕らのメンタリティは変わったよ:監督はチームとして一丸となり戦うという偉大なメンタリティをもたらしてくれた。コッパ・イタリアの決勝に進出できず、サッスオーロとの引き分けには失望したけど、でも僕らは俯くことはしない、勝利の軌道に再び乗りたいと思っているからだ。監督は大目に見てくれている、僕らが成し遂げることができると知っているからだ」

 「常にボールを取り返し、プレッシャーをかけ続けるチームだから大量得点を奪うことができた。僕らは積極的で高いクオリティを持つチームだけど、目標を達成するには多大な努力が必要だ」


中文版  Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia 

Load More