コンテ「楽なゲームにはならないだろう。しかし準備はできているし、勝つつもりだ」

コンテ「楽なゲームにはならないだろう。しかし準備はできているし、勝つつもりだ」

 インテル対ボローニャ戦前日のネラッズーリ監督のコメント

 ミラノ発 – ブレシア相手に6-0のホーム戦勝利を収めたインテルは、7月5日(日)現地時間17時15分(日本時間6日0時15分)からメアッツァで、ミハイロヴィッチが監督を務めるボローニャを迎え撃つ。このセリエA第30節を前に、監督アントニオ・コンテがインテルTVで次のように語った:「90分にわたって速いテンポでプレーした前節の好パフォーマンスを追い風にして、次の試合に臨む。熱意は重要だが、それは日々あるべきものだ。トレーニングのためにアッピアーノに来ると、その熱意はピッチでパフォーマンスに変換される。チームは良くやっているし、ハードワークを厭わない。対戦相手はフィジカルコンディションが大変良いチームだとわかっている、素晴らしい試合になるだろう」

 インテルの対戦相手はミハイロヴィッチ率いるボローニャだ:「クオリティーの高い選手を擁しているし、シニシャは素晴らしい監督だ。速いテンポでプレーする。今季前半の対戦では我々が勝利したが、簡単ではなかった:先制され、リードを奪われた状態から逆転して勝点3を獲得した。どのような試合が我々を待ち構えているかわかっているが、選手たちは準備ができている。我々もハイテンポでプレーし、勇敢でアグレッシブなプレーを見せたい。ボローニャは打ち破るのが難しい相手だ、素晴らしい試合になるだろう。パラシオはとても調子が良く、前半の対戦では素晴らしいパフォーマンスを出した。とてもインテリジェントでチームのためにプレーする選手だ。また、シニシャは指導者としての価値を最大限に発揮している。彼は人間としても素晴らしく、私は彼がとても好きだし、大変尊敬している。難しいタスクが我々を待ち受けているとわかっている。自分たちのゲームを続け、この障害を乗り越えるために全力を尽くさなければならない」

 ネラッズーリは今節で初めて17時15分開始の試合に臨む。:「このキックオフ時刻は我々にとって初めてだ。どちらのチームにとっても大変暑い状況だ、90分のうちどれほど長く速いテンポを保てるかは、始まってみないとわからない。しかし両方ともハイプレスを好むチームなので、気候の影響でチームのプレースタイルが大きく変わることはないだろう」

 前節ブレシア戦で、インテルは6人の選手によって6ゴールを記録した:「このチームにとって典型的と言える。1試合で6人の選手が得点したということは、多くの選手が攻撃に参加し、我々が攻撃的なサッカーをしているという意味になる。我々は今季最も多く得点者を輩出しているチームだが、それはつまり、我々がボールを持っている時もそうでない時も、全員がゲームに関わっているということだ。そのため、我々のセンターバックも前線でインパクトを残している。なぜなら、彼らも攻撃しなければならない状況になることもあるからだ」

 3,4日置きに試合が行われるため、管理とチームのローテーションが重要な鍵となる:「ローテーションが可能になり、チーム内の競争を生み出すために、チームの層が厚いことが重要だ。そのことは、ある選手がチームに加わった時にすべきことを把握しており、特に問題なく順応できるようにするという我々の日々の仕事の助けにもなる。ローテーションは正しい選択だと考える ― 重要なことは、舞台裏で仕事がきちんと行われ、加わる者全員が何をすべきか理解した状態であることだ」

 マルセロ・ブロゾヴィッチの復帰について:「ブロゾが再び選択肢に入ったことが嬉しい。彼は少し足に痛みがあったが、今はそれもなくなった。この問題のため数日トレーニングやチームメイトとの試合前の調整に参加できなかった。しかし重要なことは彼が身体コンディションを取り戻し、起用可能な状態になっていることだ。彼が再び試合に出場できるようになるために何がベストか考える」


Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  中文版 

タグ: conte セリエA
Load More