コンテ「我々はインテルに相応しいと示さなければならない」

コンテ「我々はインテルに相応しいと示さなければならない」

 今夜のボローニャ戦敗北後の監督のコメント:「勝負を決めるべきだった。素晴らしいチームになるために、更なる努力が必要だ」

 ミラノ発 – セリエA第30節はインテルにとって苦い敗北となった。ルカクが先制ゴールを決めたものの、ラウタロはPKに失敗し、ネラッズーリはジュワラとバロウにゴールを許し、ボローニャに逆転されてしまった。

 アントニオ・コンテは試合後、「多く語る必要はない、何が起こったかは明らかだ。そして我々全員にその責任がある。一番は私、その次に選手たちだ。我々は彼らに試合をプレゼントしてしまった、そしてこのような出来事は多すぎる」とDaznのインタビューで語った。

 「私は大変がっかりしているが、選手たちもそうであることを願う。試合を分析しなくてはならない。なぜなら、試合は我々が勝ったも同然だったからだ。何が起こったのか、説明するのは難しい:我々が11人だったのに対して彼らは10人だったし、我々はリードしていた。そしてペナルティーマークから追加点を挙げる機会に恵まれた。PKを失敗した後も依然としてリードを守り、数的優位で試合をコントロールしていた。このようなことが起こるのは今回が初めてではない。私は私自身に疑問を投げかけているが、選手たちもそうでなければならない」

 「監督は私だ、だから一番の責任は私にあるし、私の仕事によって答えを見つけるつもりだ。今からシーズン終了まで、インテルにいるのが相応しいと全員が証明しなければならない。これは監督と選手全員に言えることだ。今季が勝利のプロジェクトになるべきであり、再び成功を収めたいと強く願うなら、我々がインテルに相応しいと示すために我々の持つ力全てを投じなければならない。素晴らしいチームになるために、まだやるべきことがあるのは明らかだ」

 「しかし、我々は立ち直る。私が感じている1%でもいい、選手たちも炎を感じていることを願う。それは良い起点となる。来季チャンピオンズリーグ出場権を確定させ、可能な限りミスを無くさなければならない。我々全員が審査されている、自分たちがこの勝利のプロジェクトの一員であるに相応しい能力があると示さねばならない」


Versión Española  Versione Italiana  中文版  Versi Bahasa Indonesia  English Version 

Load More