デ・フライ「本当にがっかりしている、僕たちはもっと良くならなければならない」

デ・フライ「本当にがっかりしている、僕たちはもっと良くならなければならない」

 ボローニャ戦敗北後、インテルDFが分析した。

 ミラノ発 - インテルが勝利を収められると思われたが、最終的には勝点を獲得することができなかった。インテルがホームで敗北したボローニャ戦後、ステファン・デ・フライが試合を振り返ってコメントした:「彼らは10人になった後で逆転を果たした。僕たちは早い段階で試合を決められず、勝点3を獲得できなかったことに大変がっかりしている」 

 前半はインテルにとって本当に素晴らしいゲームとなったが、最後までそれを維持することができなかった:「前半は、ボローニャは最後の方に1回だけチャンスを作ったが、サミルが卓越したセーブで僕たちを失点から守った。でも特に守備面では改善すべき点がある。リードを奪っても試合を決められないことが多い。僕たちが進むべき道はまだ長い」

 「パフォーマンスに多くの事柄が欠けていた。僕たちはリードしていて数的優位でもあったのに、勝利できなかった。がっかりしているよ。今僕たちができることは、努力を続け、今後の試合について考えることだ。もちろん今日の敗北は痛い、しかし僕たちが今唯一できることは、次の試合について考えることだ」


English Version  中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española 

Load More