コンテ「ヴェローナ戦に集中している」

コンテ「ヴェローナ戦に集中している」

 同ネラッズーリ指揮官はヴェローナ戦前日にインタビューを行なった。

 アッピアーノ・ジェンティーレ発 - インテルは今季セリエA第31節に向けた最後の準備を整えている。ネラッズーリは日本時間10日(金)4時45分からヴェローナと対戦。同試合前日にアントニオ・コンテ監督がインテルTVの独占インタビューでコメントした:「我々はボローニャ戦を考えないようにしており、ヴェローナ戦の準備をしている最中だ。このような時期、すぐに次の試合がやって来ることはポジティブだね、確かにまだ少し苦い思いと失望感は持つが同時に次の試合に集中しないといけない。今回は強力なチームであるヴェローナとのビックマッチだ。我々は他の試合と同じ様に同試合の準備をしている、対戦相手に関する最小限の細かい部分を知ろうとしているよ:彼らの長所と短所。我々が上回るべき部分と、より注意する必要がある部分さ。インテル選手全員がどんな試合をプレーするか十分に理解することが重要である」

 対戦相手:「彼らは良いシーズンを送っているチームだ、今季サプライズの一つ。ヴェローナの監督は用意周到で、何人かの選手たちは素晴らしいく興味深い。彼らのチームとしての長所の一つがフィジカルだ。我々は良いプレーをして、あらゆる角度からの1つ1つの攻撃に対処する準備をしないといけないね:技術的、戦術的、体力的、競技的。

 シュクリニアルはヴェローナ戦で復帰し、一方でダンブロージオとバストーニは累積警告のため出場停止。加えて怪我人の選手も欠場:「この温度の中、短期間で多くの試合をプレーして毎回勝点3を目指すと怪我人が出ることは避けられない。時折物事のリスクを冒さないことを決める。それは複数の試合で選手を欠くことを恐れるからだ。だが個人的に言えば全選手に信頼を寄せている。だから喜んで全員に出場時間を与えるよ。この様な機会はパフォーマンス、姿勢、願望、覚悟で報われる」

 現地時間21時45分キックオフは日中より低い気温だが、家路に向かうのが遅い時間帯となる:「これらは我々が対処するのに慣れ始めている事柄だ。この状況に適応しているよ。この遅い時間にプレーするのは避けられない、特にアウェイ戦は深夜に戻ることになる。休む時間とリカバリー時間は多くないが、この様な状況に対処する必要があることは理解しているよ。我々は可能な限り最高の方法でそれを実行するつもりだ」

 今季リーグ戦前期のヴェローナ戦はベシーノとバレッラのゴールで2-1の勝利を収めた:「同試合をよく覚えている。我々は1点ビハインドに陥った、そして優れたリアクションがあったね。良いプレーをして多くのチャンスを作り、終盤のニコロのゴールで勝利した。同試合は今節我々が強いチームと対戦する証拠となっている。極めて細心の注意を払う必要はあるけど、同時に結果を求めたい」

 インテルは今季セリエAのアウェイ戦で優秀な成績を残している – 勝点32獲得:「我々はホーム戦またはアウェイ戦でプレーすることを考えないメンタリティーと本拠地の芝生の上だろうと敵地の芝生の上だろうと関係ないメンタリティーを増やそうと試みているんだ。そこには常に試合に勝利したいという強い願望がある。これは試合をコントロールしたいどのチームにとっても極めて大事さ」

 今季セリエA再開以降、インテル以上に得点数を奪っているチームはいない。インテルとサッスオーロがこれまで14得点。ネラッズーリは最高の平均ボール保持率(61.8%)と敵陣内で最多パス数(1試合平均38本)を記録している:「我々はいつでもスタッツをよく見ている。データの裏には常に真相があるからだ。これは確実に期待できる数字だ、そして我々が毎試合ピッチに入り、テンポを設けて試合を支配しようとしている証だと思う。さらにインテルは今季リーグ戦相手陣内でのチャンスメイク数で上位に入る。これは我々が素晴らしいパフォーマンスをしていることを示しているよ。しかし最終的にこのパフォーマンスを良い試合結果に繋げないといけない」


Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  English Version  中文版  Versione Italiana 

タグ: セリエA conte
Load More