カンドレーヴァ「僕らは逆転した、後悔の気持ちがある」

カンドレーヴァ「僕らは逆転した、後悔の気持ちがある」

 ヴェローナ戦で活躍した同ウィンガー選手のコメント。

 ヴェローナ発 – 後半の主人公:まずは同点ゴール。そしてディマルコに当たったクロスが得点して勝ち越し。ヴェローナ戦後、アントニオ・カンドレーヴァはインテルTVに対して勝点2を取りこぼした後悔を隠しきれなかった:「引き分けの試合の時、常にもっと良い結果が出せたはずだと思う。 勝点3を獲得しなかった後悔の気持ちが残るんだ。多くのチームが苦戦した難しい場所で逆転したよ。残念ながら特定の状況がまだ続けて僕らに歯向かっているね。でも改善と取り組むべき物事があるよ」

 後半インテルは徐々に異なるチームとなった:「試合開始すぐに失点してから最初の20分間は苦しんだ。でも僕らは一致団結して危険な動きを何回かした。後半は試合を支配して、試合を決め切って勝利するに相応しかったと思う」 

 インテルの新しい戦術について:「監督は攻撃のプレーメーカーはより高い位置をとり、両サイドの選手はもっとボックス内に入れと指示した。さらに中盤の選手は常にその動きをしないで前線に走らないこと。だから両サイドの選手がそのスペースを埋める必要があるんだ」


中文版  Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española 

Load More