SPAL対インテル戦の情報

SPAL対インテル戦の情報

 ネラッズーリは本日16日現地時間21時45分からスタディオ・パオロ・マッツァでセリエA第33節に臨む

 ミラノ発 – トリノ戦でホーム勝利を挙げたアントニオ・コンテ率いるネラッズーリは、7月16日(木)現地時間21時45分(日本時間17日4時45分)からセリエA第33節のSPAL戦に臨む。

スタッツと統計データ

 今節はインテルとSPALにとってセリエAでの38試合目の対戦だ。過去の戦績はインテルの26勝に対しSPALは4勝(引き分け7試合)と、統計上はネラッズーリが優位に立つ。コンテ率いるチームは勝ち点を68に積み上げ今回の1戦へと臨む - これはインテルにとり2008−09シーズン(74ポイント)に次ぐ史上2位となる第32節を終えた時点での獲得ポイントだ - インテルはここまで20勝4敗8分68得点34失点を記録している。

同1戦に関するスタッツ、統計データ、選手のデータ

特筆すべきデータ:ヘディングゴールとスコアラー

 ディエゴ・ゴディンがトリノ戦で挙げた得点は今季セリエAでインテルが決めたヘディングからの16得点目であり、またこのゴールにより今季インテル18人目のゴールスコアラーが生まれた:インテルが1シーズンで得点者18人を出したのはこれが2度目であり、2007-08シーズンに樹立したクラブ記録と並ぶ最高記録である。

コンテのコメント

 「キックオフ直後から正しい姿勢と決意を示さなくてはならない。リーグ最下位のチームが相手だが、インテルのようなビッククラブとの試合は大きなモチベーションになることを忘れてはならない。だから注意が必要だ。我々の姿勢、決意、熱意、そしてこれからも良いプレーをして勝利を手にするという意欲は非常に重要だ。ディ・ビアッジョについて?私がイタリア代表監督だった時、彼はU21イタリア代表の監督だった。試合に向けて大変良い準備を行うし、プロフェッショナルだ。自分が望むものをわかっている。彼はデリケートで難しい課題を引き受けたが、私もキャリアを始めた時はそうだった。彼にとってこの経験は正しい、それというのもこの仕事では経験こそ大変重要だからだ」

ンテの試合前のコメントはこちら

対戦相手

 SPALは前節アウェイでジェノアに敗北を喫し今節のホーム戦へと臨む。ルイジ・ディ・ビアジョ指揮下でチームは19ポイントを奪取(5勝23敗4分)、23得点58失点を記録。

審判団

 アントニオ・グイアがSPAL対インテル戦の主審を務める。アシスタントレフェリーはアラッシオとゴリ、第4審判はアッバティスタ、VAR&VARアシスタントはドヴェリ、ディ・ロリオが担当する。

出場停止または出場停止間近の選手

出場停止:
SPAL:-
インテル:ゴディン(1)

次の警告で出場停止になる選手:
SPAL:ディ・フランチェスコ、ヴァルディフィオーリ、ヴィカーリ
インテル:デ・フライ、ガリアルディーニ、ボルハ・バレロ、ベシーノ

監督

 アントニオ・コンテは監督として唯一SPALと対戦した今季前半の試合で勝利を収めた。

 ルイジ・ディ・ビアジョは現役時代にインテル選手として117試合に出場し、セリエAで13ゴールを決めた:インテルは同SPAL監督にとって、セリエAで最も多く対戦しているチームだ。

今後の試合日程 

 SPAL戦後、ネラッズーリは7月19日(日)現地時間21時45分(日本時間20 日4時45分)キックオフのローマ戦へ向けて首都へと赴く。

詳細日程:

第33節
7月16日(木)現地時間21時45分(日本時間翌4時45分)SPAL対インテル

第34節
7月19日(日)現地時間21時45分(日本時間翌4時45分)ローマ対インテル

第35節
7月22日(水)現地時間21時45分(日本時間翌4時45分)インテル対フィオレンティーナ

第35節
7月22日(水)現地時間21時45分(日本時間翌4時45分)インテル対フィオレンティーナ

第36節
7月25日(土)現地時間19時30分(日本時間翌2時30分)ジェノア対インテル

第37節
7月28日(火)現地時間21時45分(日本時間翌4時45分)インテル対ナポリ

インテルカレンダー

 インテルの試合予定を把握したい?1試合も見逃したくないなら、カレンダーをダウンロードしてあなたのネラッズーリダイアリーをアップロードしよう。

Calendar iOS (Apple)

Calendar Google (android)

Calendar Outlook (Hotmail)


Versione Italiana  Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia 

タグ: セリエA
Load More