コンテ「得点を挙げることができなかった、ドロー以上の結果が相応しかった」

コンテ「得点を挙げることができなかった、ドロー以上の結果が相応しかった」

 試合後ネラッズーリの監督が0−0のドローに終わったフィオレンティーナ戦についてコメントを発した:「運がなかった、今季頻繁に経験した様に内容に見合わない結果だ」

 ミラノ発 - セリエA第35節のフィオレンティーナ戦でインテルは多くのチャンスを手にしたものの、2本のクロスバーを叩くシュート、またテラッチアーノの活躍により勝ち点3ポイントを手にすることは叶わなかった。

 試合後アントニオ・コンテは「我々は良いパフォーマンスを見せ、適切なインテンシティと良いサッカーをピッチ上で展開した。ただ得点を挙げることができず、全く幸運に恵まれなかった。選手達にいうべきことは何もない、終盤、勝とうとしたことで敗戦を喫する危険性もあった。フィオレンティーナはここで良い守備を披露したが、我々にはドロー以上の結果が相応しかった」と語った。

 「勝ち点を落とすということは、改善すべき点があるということだ。大きな目標を掲げ戦うのであれば、成長しなければならないことを我々は理解している。彼らが落胆してピッチを降りてきたことを嬉しく思う、それは彼から正しく勝利を渇望していること意味しているからだ」

 「だがチームは今シーズン、自分達の努力に見合わない結果に終わった試合を多く経験したと思う。今季の目標は悠々と達成することができたが、残り試合ではリーグ戦での順位のためでなくチームとしての成長するためにも良い結果を残したいと思っている。どの試合も我々にとり、大きな試練を意味するからだ」

 「ラウタロ?移籍の噂が彼の気をそらしているとは全く思わない。結局のところ我々は22歳のまだ地位を確立したばかりの青年について語っている、彼にまだこの先長いキャリアが控えている。勿論彼のフォームは変動するかもしれないが、彼は常に全力を尽くす選手だ、我々はそれに満足している。彼が気を取られているというのは彼の知性に対する侮辱だろう。彼はプロ選手であり、我々は彼が正しい方法で成長するのを手助けする必要がある」

 また来シーズンに向けてインテルが改善すべき点についてという質問に対しコンテは次のように回答:「まだリーグは閉幕していない、またヨーロッパリーグも控えている。これらのハードルを乗り越えて初めて結論が出され、来シーズンについて考え始めることができるようになる」


中文版  Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versión Española  Versione Italiana 

Load More