アタランタ対インテル戦に関するデータ

アタランタ対インテル戦に関するデータ

 8月1日現地時間20時45分:インテルは今季最終節でガスペリーニ率いるアタランタと対戦する

 ミラノ発 - ナポリ相手にホーム戦勝利を収めたインテルは、セリエA最終節に向けた準備を進めている。インテルは8月1日(土)、ベルガモでアタランタの“ネラッズーリ”と対戦する。キックオフは現地時間20時45分(日本時間2日3時45分)だ。シーズン前半の対戦はラウタロ・マルティネスのゴールと88分にムリエルのPKを阻止したハンダノヴィッチの活躍により、1-1の引き分けという結果だった。

過去の対戦

 インテルとアタランタはセリエAで今までに117回対戦している;その戦績はインテルから見て62勝24敗31分けだ。リーグで両チームが対戦した直近4試合のうち3試合はドローで終わっている。

ヘディングゴールとゲームマネージメント

 今シーズンのリーグ最終節は、優れた戦績を収めている2チームの対決というだけでなく、今季のセリエAにてヘディングによる得点が最も多い2チームの対戦だ(インテル19ゴール、アタランタ14ゴール)。また、両チームともリードしている合計時間が長いチームのトップ3に入っている(1位インテル1571分、3位アタランタ1207分)。コンテのインテルがアウェイで12勝している一方で、ガスペリーニのアタランタはホームで計51ゴールを挙げている。

対戦相手

 前節アウェイでパルマに勝利したアタランタは、セリエAのホーム戦で7連勝中だ。同チームは今季98得点46失点を記録しており、戦績は23勝5敗9分。勝点はインテルより1ポイント少ない78ポイントとなっている。

「素晴らしいゲームになることを願っている。両チームとも退くことのない、互角の戦いになるだろう。この数年の成果により、アタランタはイタリアで最も安定したチームの1つになった。チャンピオンズリーグでも準々決勝に残っている。タフな試合になるだろうが、彼らに苦戦を強いることが目標だ」

審判団

 今季セリエA最終節アタランタ対インテル戦の主審はピエロ・ジャコメッリ、副審はペレッティとビンドーニ、第4審はドヴェリ、VARはナスカとモンディンが担当する。 

出場停止または出場停止間近の選手

出場停止
アタランタ:-
インテル:-

次の警告で出場停止になる選手
アタランタ:カスターニュ、ジムシティ
インテル:デ・フライ、ボルハ・バレロ、ベシーノ

インテルの今後の試合日程

第38節
8月1日(土)現地時間20時45分(日本時間翌3時45分)| アタランタ対インテル

ヨーロッパリーグ・ラウンド16(1試合のみのノックアウト方式)
8月5日(水)現地時間21時(日本時間翌4時)| インテル対ヘタフェ(アレーナ・アウフ・シャルケ、ゲルゼンキルヒェン)


Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versione Italiana  中文版  Versión Española 

Load More