コンテ「チームに満足している、我々は素晴らしい仕事を成し遂げた」

コンテ「チームに満足している、我々は素晴らしい仕事を成し遂げた」

 アタランタ戦勝利後のネラッズーリ監督のコメント:「この試合のために良い準備をした。これからシーズンを可能な限り良い結果で終えなければならない」

 ベルガモ発 – インテルはプランを完遂して勝点3ポイントを獲得し、2019-20シーズンを快勝と完璧なパフォーマンスで締めくくった。ダンブロージオとヤングがゴールを決めた最終節が終わった今、ネラッズーリの勝点は82ポイントとなり、2位で今季セリエAを終えた。

 アントニオ・コンテが試合後、DAZNのインタビューで次のように語った:

 どのようにこの勝利が生まれたのでしょうか?また、将来に向けてこの試合ではポジティブな点が見られましたか?

 「このチームの成果を嬉しく思う。アウェイ戦で勝点43ポイント、最も優れた守備でリーグ2位の攻撃力、失点が最も少ないこと、そして我々がどのように他のチームを抜き去って順位を上げたか。しかしこれは選手と、彼らと共に仕事を果たした人々の努力によるものだ。負傷を含め、我々は今年多くの困難に直面したが、それでも我々は素晴らしい仕事をやり遂げ、勝点82ポイントのように誇ることのできる数字を残した」

 勝点82ポイント、ユヴェントスとはわずか1ポイント差でした。あなたが満足しているのは、この差を縮められたことでしょうか?

 「我々とユヴェントスの間には差があると、私は考えている。我々は自己嫌悪したり有頂天になることなく、バランスを保たなければならない。コッパ・イタリア同様、我々はリーグでしなければならなかったことをした。そして今はヨーロッパリーグについて考える時が来た。我々は良い評価を得られるように、そして可能な限り良い結果でシーズンを終えられるように試みるつもりだ。プロフェッショナルの集まりであるこのグループに感謝したい、彼らは今年本当に多くのことをやり遂げた」

 何が足りなかったのでしょう?

 「現在、ユヴェントスは彼らがより強くなったこと、改善のためにハードワークを行ったことを示した。彼らは強い組織なので、極めて難しいことだろう」

 リーグ再開後インテルは3-4-1-2で数試合を行いましたが、今夜のアタランタ戦では3-5-2のフォーメーションを起用しましたね。この試合だからこその選択だったのでしょうか。それともヨーロッパリーグに向けた準備として?

 「この試合のために準備をしていた時、シーズン前半の対戦で我々は良いプレーをしていたと自信を持つことができた。もちろん、アタランタに同点に追いつかれた上にPKで逆転のチャンスを与えてしまった終盤は除くが。今日のために素晴らしい準備ができた。選手たちは前回の対戦から長い道のりを進んできたし、今日は特にオフ・ザ・ボールの動きが良かった。チームは前に向かって進み続けたが、辛抱強くプレーするような状況もあった。今日、新しい戦術を起用したガスペリーニに賛辞を送る。それにアタランタと対戦する時は確実に苦戦を強いられる。我々はオン・ザ・ボールとオフ・ザ・ボールの両方で、我々のゲームのために良い準備ができた。選手たちは今夜本当に良くやった」

 ルカクは今季29ゴールを記録しました ― それについてとても満足していると思いますが、まだ何か改善できる点はありますか?

 「彼はパワーのあるフォワードだ。チェルシー時代に彼の成長を追っていたが、ユナイテッドに彼を獲られてしまった。彼は典型的なサッカー選手ではない、相手DFはルカクがアメフト選手のようなスピードを出すことを知っている。いくつかのディテールを改善すれば、唯一無二の選手になれるだろう。しかし今日はラウタロとアレクシスも素晴らしかった。選手全員が全力で臨んでいる、これについては感謝してもしきれない」


Versi Bahasa Indonesia  中文版  English Version  Versione Italiana  Versión Española 

タグ: conte セリエA
Load More