マロッタ「我々は重要な仕事を成し遂げた、関わった全員のおかげだ」

マロッタ「我々は重要な仕事を成し遂げた、関わった全員のおかげだ」

 今夜の勝利とネラッズーリの今シーズン・リーグ戦について、スポーツCEOのコメント

 ベルガモ発 - インテルはアウェイで行われたアタランタ戦で、ナポリ戦と同じ2-0の順当な勝利を収め、ポジティブな結果でシーズンを締めくくった。これによってコンテ指揮下のネラッズーリは、ユヴェントスよりわずか1ポイント少ない勝点82でリーグ2位として2019-20シーズンを終えた。アタランタ戦の終了後、ネラッズーリのスポーツCEOジュゼッペマロッタがインテルの今シーズンを総括した:「我々は大きな満足をもたらすモデルを作り上げた。統計データを見れば、我々はセリエA 2位になり、リーグで今季最も守備の優れたチームであり、アウェイで最も多く勝利したチームとなった。これはつまり我々が重要な仕事を成し遂げたことを示している。関わった全ての人々を称えなければならない:コーチ陣、オリアリ、アウジリオ、コンテ、クラブ、サネッティ、そしてその他全員だ。我々は三冠達成シーズンと同じ勝点を獲得した。これについて当然誇らしく思う」

 ユヴェントスとの勝点差はわずか1ポイントだった。この点には少し後悔は残る。マロッタは次のように説明した:「客観的に分析することは簡単ではない。もちろんポイントを落としたと見ることはできるが、我々はこの状況から学んだ。我々のチームは経験豊富だ。シーズン最後の4試合連続クリーンシート達成はその良い例だ。ネガティブな経験は未来に素晴らしい強さとなる」

 「我々はこの道を進み続けなければならない。基準を高く設定し、ファンを満足させなければならない。我々のチームは多くの優れたパフォーマンスを見せ、課題に挑むに十分な成長を遂げていることを証明した。誰の目にもコンテの仕事の成果は明らかだ」

 移籍市場について:「我々のチームは強い、大きなチャンスを掴むことは簡単ではない。最も有利に進められるように試みるつもりだ」


Versione Italiana  中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  English Version 

タグ: marotta
Load More