バレッラ「誰が相手でも戦えることを示した」

バレッラ「誰が相手でも戦えることを示した」

 ネラッズーリMFのアタランタ戦勝利後のコメント

 ベルガモ発 - 走り続け、守り、ビルドアップ、そしてチームのための自己犠牲。ニコロ・バレッラはセリエA最終節でも最後まで力を出し尽くし、対アタランタ戦でのインテルの勝利とリーグ2位に大きく貢献した。この試合後、バレッラがDAZNのインタビューに答えた:「監督が僕たちに勝者のメンタリティーを植え付けた。だから2位というのは悔しいよ、本来は素晴らしい成果のはずだけれど。見事なシーズンをプレーしてきたチームが相手のビックマッチだった。アタランタは本当にクオリティーが高く、得点力もあるしいつでも同点に持ち込める可能性のあるチームだ。でも今日の僕たちは考えられる限り最高の形でゲームをマネージメントした:これこそ監督が望んでいることだ」

 「素晴らしいチームパフォーマンスだったし、試合に向けて良い準備を行ったことが勝点3と順当な勝利で報われた。今シーズンの僕たちのパフォーマンスについて何らかの評価を下すことは僕の仕事ではない。でも僕たちはよくやったと思うし、監督は僕たちに勝者のメンタリティーをもたらした。自分のパフォーマンスにも満足している、ベストを尽くすことができて嬉しい。僕たちはチームとして、誰が相手でも自分たちのゲームができることを示した。新しい監督になって1年目はいくつかミスがあっても当然だ。でも僕たちはインテルだし、勝つことに慣れなければならない」


中文版  Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versione Italiana  Versión Española 

Load More