アタランタ対インテル戦でのインテルのゴール・トップ5

アタランタ対インテル戦でのインテルのゴール・トップ5

 ヴィエリからレコバまで:記憶に残る5つのゴール

 インテルは今夜20時45分(日本時間2日3時45分)からシーズン最終節に臨む。このアタランタ対インテル戦を前に、ネラッズーリがベルガモで挙げた最も素晴らしい5つのゴールを振り返ろう。

5. クリスティアン・ヴィエリ | アタランタ 2-4 インテル、2001-02シーズン
 深い位置から蹴られたチーノ・レコバのFKから、空中戦で圧倒的な強さを見せたボボがヘディングゴールでタイービを破り、ベルガモでインテルの勝利を決定付けた。

4. アンジェロ・ドメンジーニ | アタランタ 0-2 インテル、1965-66シーズン
 準備が全て:そのパーフェクトな例だ。角度を研究し、ボールの位置を調整して、鋭いシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。ドメンジーニがこの日2ゴール目を見事に決めて、インテルの勝利を確定させた。

3. エデル | アタランタ 2-1 インテル、2016-17シーズン
 エデルにとってインテルでの2ゴール目は、全く素晴らしいものだった。残念ながら最終的に敗北したが、エデルのロケットシュートが炸裂してFKから直接ゴールを奪った。

2. アントニオ・マニコーネ | アタランタ 1-1 インテル、1992-93シーズン
 マニコーネが、ゴールネットに突き刺さる音が聞こえるほど強烈な右足ロングシュートをクロスバー下に決めた。

1. アルバロ・レコバ | アタランタ 2-3 インテル、2004-05シーズン
 あらゆる感情に翻弄された試合:先制点を奪われ、逆転に成功し、再び同点に追いつかれた。そしてアドリアーノの決勝ゴール。しかし最も強い印象を残したのは、チーノの魔法の瞬間だ:相手DFをターンで躱し、ゴール下にシュートを叩き込んだ。


Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  中文版 

Load More