インテルのシーズンレビュー

インテルのシーズンレビュー

 セリエAにおけるネラッズーリの統計:ベスト・ディフェンス、18人のゴールスコアラーによる2番目に優れたオフェンス:全ての事実とデータ

 ミラノ発-対アタランタ戦での勝利と共に、インテルは勝ち点82でシーズンを終えた。今シーズンのチームは盤石であり、コンテは独自スタイルのサッカーを丁寧かつ巧みにゲームに持ち込んだ。今シーズンのセリエAにおいてネラッズーリは、様々なカテゴリーにおいて優れていた;Opta社との協力により、今シーズンのインテルについて知っておくべき情報を紹介する。

18選手による81ゴール

 81ゴールをもってインテルはセリエAにおいてオフェンス面で2番目に優れたチームとして今シーズンを終えたが、事実と数字はそれだけではない。ネラッズーリはヘディングによるゴール数(20得点、全得点の25%)がリーグで最も多いチームであり、ヘディングによる失点は最も少ない(2失点)。特に注目すべき統計は、様々なゴールスコアラーに関する数字だ:インテルの18選手がリーグ戦でゴールネットを揺らした全公式戦では19選手)。この点に関してはイタリア国内で優位に立つだけでなく、欧州5大リーグにおいてもレアル・マドリード(21ゴールスコアラー)に次いでランキング2位に立っている。

最速ゴールと試合序盤で最も危険なチーム

 ゴールのトピックに関して、ネラッズーリはゴールネットを揺らすまでの時間においても同じく爪痕を残した。インテルのダニーロ・ダンブロージオは今シーズン最速ゴールを挙げた;同選手は対アタランタ戦において試合開始わずか50秒でゴール。ラウタロ・マルティネスは対サッスオーロ戦において1分4秒でゴールを挙げ同じく表彰台に立った。ハンダノヴィッチら選手たちは彼らのプレースタイルの面でも記録を打ち立てた;セリエAのシーズンにおいて試合開始15分以内で最も多くゴール(10得点)を挙げたチームとなった。

最高の鉄壁守備

 オフェンス面から話を移すと、ネラッズーリは同じくディフェンス面においても素晴らしいシーズンを過ごした。インテルはわずか36失点で、守備においても今季リーグベストとなった。これはチームが成し遂げた14回のクリーンシート(シーズン終盤に4回連続)によってもたらされた。Opta社が選ぶ今季ベストイレブンに選ばれたステファン・デ・フライは、2019-2020シーズンにセリエAで少なくとも3ゴール3アシストを挙げた唯一のディフェンダー(4ゴール3アシスト)となった。

アウェイ記録

 ゴール、堅い守備、アウェイでの試合においてもゲームを支配する能力。インテルはアウェイ戦13勝を収めて勝点43ポイントを獲得、シーズンのベスト・アウェイ記録を打ち立てた。アウェイでわずか4回の引き分けと2回の敗北:41ゴール19失点。

ゴール、アシスト、素晴らしいチームプレー

 インテルは終了したばかりのシーズンにおいて、いくつかの非常に印象的な数字を残した:素晴らしいサッカーを見せたいという願望と、ピッチで彼らが見せた集中力は大いに結果に表れた。インテルは常に前方へ積極的な姿勢を見せ203本の枠内シュートを放ち、得点率は3位となった(13.1%、アタランタとラツィオに次ぐ)。85.1%の成功率で16,211本のパスを記録し、セットプレーから26ゴールを挙げた(全得点の32%)。

 ルカクは23ゴール(勝点19ポイントに不可欠だった)を挙げ得点ランキング3位でシーズンを終えた。同ベルギー人FWは、デビューシーズンにおいてセリエA史上アウェイで最も多くのゴール(15得点)を挙げた。

 ラウタロ・マルティネスは合計14ゴールを挙げ、同アルゼンチン人FWの枠内シュート数(精度51%で125本のシュート)は今季リーグ戦3位となった。サンチェスはチーム内で最多アシスト(8回)を記録し、カンドレーヴァ(7回)がそれに続いた。

 マルセロ・ブロゾヴィッチは今シーズンのパス本数ランキングで4位(2080本、成功率89.9%)となり、ミラン・シュクリニアルも上位(1998本、成功率92.1%)にランクインした。


Versione Italiana  English Version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  中文版 

Load More