コンテ「我々は本当にハッピーだ」

コンテ「我々は本当にハッピーだ」

 レヴァークーゼン戦に勝利した同インテル指揮官のコメント。

 デュッセルドルフ発 – インテルはヘタフェの次にレヴァークーゼンを倒した。バレッラとルカクの得点で2-1の勝利を収めたネラッズーリは今季ヨーロッパリーグ準決勝進出を果たした。

 同試合後のアントニオ・コンテ監督のコメント:

チームは最高のパフォーマンスをして、最後まで全力を出した。同チームパフォーマンスについての考えは?

 「我々は優れたパフォーマンスをしたので、全員が本当にハッピーだ。正しい方法で同試合の準備を行い、バイエル・レヴァークーゼンのプレーを止めた。加えて、ポゼッションに関しては取り組んできたことを実行に移せたよ。よりリラックスした方法で試合をできたはずだ。我々は決して防戦一方ではなかった事実はあるが、結果は僅差だった。だが選手たちを称賛するしかできない。彼らはビックシーズンを経験していることを示したいと思っていた。今は欧州大会準決勝を戦うチャンスを得たし、これには喜ぶべきだ。明日からは次の試合について考える。後悔の念を持たず最大限を目指したいからね」

ルカクのインパクトは予想可能だった?

 「全員があの最高のパフォーマンスをした時に、個々の選手について語るのは難しい。ロメルは素晴らしいシーズンを送っているが、彼はチーム全体で支えられている。もし全選手が良い仕事をし、チームとしてプレーすれば個々レベルでも良いパフォーマンスが出すことになる。ルカク、ラウタロ、サンチェスのようなストライカーがいることは大事だが、彼らはチームに感謝しないといけない。チームが個々の最大限のパフォーマンスを可能にするからね」

3バックに加えてハンダノヴィッチも後ろからのビルドアップに素晴らしい役割を果たしている。そこがインテルのプレーが始まる場所なのか?

 「その部分については非常にハードワークしている。優れた技術力を持つ選手に加えて、頭の中に入れたポジション状況を通して相手のプレスを掻い潜れることが大事だよ。それが縦パスとスペースを見つけ出すことを可能にする。頻繁にカウンターアタックについて話されているのを耳にするが、それは違う。我々は正しい状況と空間を作り出すために後ろからビルドアップしている」

今夜の様な試合後、逃した全ゴールチャンスに腹をたてるのか、バイエル・レヴァークーゼンに枠内シュート2本だけ許したことを喜ぶのか?

 「今夜のような試合後に苛立つのは難しいね。選手のパフォーマンスを称賛するしかできない。毎試合そうだとしても、我々は各状況を分析して改善できる場所を見る」


Versión Española  English Version  中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

Load More