ゴディン「勝利に値した。クラブ全体にとって重要な瞬間だ」

ゴディン「勝利に値した。クラブ全体にとって重要な瞬間だ」

 レヴァークーゼン戦後の同ウルグアイ人選手のコメント。

 デュッセルドルフ発 - 最後まで戦った:ゴディンのヘディングが今夜の試合のラストタッチだった。ディエゴ・ゴディンは守備リーダーとしてレヴァークーゼンに同試合枠内シュートを2本しか打たせなかった。同試合後にインテルTVでコメントした:「勝利に値すると思う。少し苦しんだが、レヴァークーゼンはチャンスはあまり多く作れなかったね。試合をコントロールしたし、良い内容だった。試合を決めるチャンスも数多くのあったからね。僕らが勝利したことが最も大事なことだよ」

 「10年ぶりとなる欧州大会準決勝進出。本当に喜んでいる。どのチームと対戦するかは分かるけど、その前に休んで少し回復しないとね。スタッフ、ファン、クラブ全体、僕らにとってこの大事な瞬間は楽しむよ。サッカーは算数ではない。失点したが、非常に良いプレーもした。当然、プレスとカバーのタイミングの改善はできるよ:レヴァークーゼンはボールポゼッションをの好むし、それは知っていた:彼らは多くのチャンスを作り出せなかった」

 最後にスリーバックについて:「キャリアで20年経過してからここに来て、監督のフィジカル的要求に合わせるのは簡単ではない。今は全く異なる方法でプレーしている。ハードな練習はしているし、フィジカル的に調子はいいよ。自分は起用できる状態にしたし、同時にチームメイトを尊敬している。大事なことは1つしかない。それはインテルの勝利だ」


Versión Española  Versione Italiana  中文版  English Version  Versi Bahasa Indonesia 

Load More