ドイツのチーム相手に挙げたネラッズーリのトップ5ゴール

ドイツのチーム相手に挙げたネラッズーリのトップ5ゴール

 レヴァークーゼンとの準々決勝に際したインテルのベストゴール総集編

 日本時間8月11日に開催されるヨーロッパリーグ準決勝進出をかけた対レヴァークーゼン戦は、欧州の大会でのインテルとドイツのチームにおける51回目の対戦となる。キックオフを待つ間、サン・シーロにおいてネラッズーリがドイツのチーム相手に挙げたトップ5ゴールを紹介する。

5. マイコン | インテル 1-1 ヴェルダー・ブレーメン、2008-09シーズン・チャンピオンズリーグ

 巨像のタッチはどれほど柔らかい?ドウグラス・マイコンに聞いてみよう:フリーでこぼれ球を拾い、向かってくるGKヴィ―ゼを軽快な右足チップで交わしゴールを挙げた。

4. サミュエル・エトオ | インテル 4-0 ヴェルダー・ブレーメン、2010-11シーズン・チャンピオンズリーグ

 ルシオからのロングパスとライオンキングの完璧な走り:全てが決まった絶妙なトラップから、右足でゴールに流し込んだ。サミュエル・エトオのトレードマーク。

3. アドリアーノ | インテル 2-0 ヴェルダー・ブレーメン、2004-05シーズン・チャンピオンズリーグ

 ベロンが高いボールを送り、皇帝はそれを誰も真似できないような空中での胸トラップによりコントロールした。そして放たれたシュートはゴール左下に突き刺さった。

2. ロナウド | インテル 1-0 シャルケ04、1997-98シーズン・UEFAカップ

 準々決勝・1stレグにおいて、ロナウドとジョルカエフは華麗なコンビネーションを見せた。実際は、フェノメノがフランス人をマネキンのように利用し、再びボールを受け全員を置き去りにし、左足でレーマンを破った。

1. デヤン・スタンコヴィッチ | インテル 2-5 シャルケ04、2011-12シーズン・チャンピオンズリーグ

 インテル史上最高のゴールの1つ:ノイアーによるヘディングでのクリアから、デヤン・スタンコヴィッチの右足によるハーフラインから放たれたボレーシュート。ミラクル。
 


Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  中文版 

Load More