コンテ「瞬間瞬間で勝敗が分かれた拮抗した決勝」

コンテ「瞬間瞬間で勝敗が分かれた拮抗した決勝」

 今季ヨーロッパリーグ決勝セビージャ戦後に同ネラッズーリ指揮官がコメントした。

 ケルン発 - 今季ヨーロッパリーグ決勝でインテルは敗北した。ルカクとゴディンがゴールを決めたが、それでは不十分だった。3-2で勝利したセビージャが6度目の決勝で6度目の優勝を果たした。

同試合後のアントニオ・コンテのコメント:

このゲームの鍵は何だったか?

「タフで拮抗した試合だった。後半のどの瞬間も試合を活発にさせる可能性があった。我々にはビックチャンスと不運なオウンゴールがあった。選手たちはこの様な試合に慣れているチームを相手に全力を尽くしたから、多くの後悔しか持てない。セビージャはこの大会で数回優勝し、決勝では常に勝利している。それが最終的に違いを生んだ要素だ」

このチームは称賛に相応しい?

「選手たちは頭の中にこれを持ち続ける必要がある:彼らは凄くハードワークし、素晴らしい方法で成長を遂げた。欧州大会決勝までプレーする場所まで辿り着いたんだ。チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグは多くの選手にとって欧州大陸サッカーの最初の経験となってきた。選手たちは未来への多くの経験を得られたはずさ」

今後数日間のうちに会長とミーティングをするのか?

「今はミラノに戻らないといけない。数日間は休み、冷静な頭で面会する。今季を分析し、落ち着いてインテルの未来を計画するつもりだ。我々はハードワークしてきた、今季は極めてタフだったよ。今はオフの時間を取るし、インテルの利益を頭に入れながら出来るだけ最善を尽くしてこの状況を確認する」


Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  中文版  Versione Italiana  English Version 

Load More