黒と青の稲妻 - ヴェスレイ・スナイデルのポッドキャスト

 11年前に同オランダ人がクラブ入団記者会見を開いた:ポッドキャスト最新エピソード。

1/6
黒と青の稲妻 - ヴェスレイ・スナイデルのポッドキャスト
黒と青の稲妻 - ヴェスレイ・スナイデルのポッドキャスト
黒と青の稲妻 - ヴェスレイ・スナイデルのポッドキャスト
黒と青の稲妻 - ヴェスレイ・スナイデルのポッドキャスト
黒と青の稲妻 - ヴェスレイ・スナイデルのポッドキャスト
黒と青の稲妻 - ヴェスレイ・スナイデルのポッドキャスト

 ミラノ発 - 笑顔、白いシャツ、ライトブラウンのスーツ。当時の同氏は瞳を大きくてその場にいることを喜んだ「インテル、ついに来たぞ」:11年前の今日2009年8月28日、ヴェスレイ・スナイデルのインテルの旅が幕を開けた。長い交渉期間の結果、移籍期限最終日に決定した移籍だった。インテル選手として初の試合に向けた準備の時間はほとんどなかった。「プレッシャーに関して十分に知っている。直ぐにでもプレーして、ミラノの観客の前で自分の能力を披露したい」

 固い言葉を述べたスナイデルはピネティーナに到着し、チームメイトと出会い、記者会見を開いて、インテル選手としての初練習に向かい、チーム練習ではなく個別練習を行なった。その翌日2009年8月29日、サン・シーロでのACミラン対インテル戦でジョゼ・モウリーニョは全員を手玉に取った:インテル新背番号10番が先発入り。スナイデルは新しいチームメイトと一緒に一度も練習をしなかったが、試合開始のホイッスルから躍動して4-0の勝利に貢献。3冠達成シーズンの最初の重要な勝利となった。

 その後は誰もが言う様に歴史となった:1984年にユトレヒトで生まれたヴェスレイ・スナイデルはインテルで3年半の時間を過ごし、公式戦通算116試合出場22得点、タイトルは全て手にした - スクデット1回、チャンピオンズリーグ1回、コッパ・イタリア2回、クラブW杯1回、スーペルコッパ1回。

 伝説的ゴール、記憶に残る瞬間と何度でも語り継がれる物語。インテル公式ポッドキャスト最新エピソードは『10番の中の10番』L

ヴェスレイ・スナイデルのエピソード

Inter.it: https://www.inter.it/inter-podcast-10-numbers-10
Spreakerhttps://www.spreaker.com/episode/40468145
Spotifyhttps://spoti.fi/30Bcuov
Apple Podcastshttps://apple.co/3fDBxvl
Google Podcastshttps://bit.ly/3iiuIRE
TuneInhttps://bit.ly/2PxUIMl
Deezerhttps://bit.ly/31u0bcD


Versión Española  English Version  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  中文版 

タグ: podcast
Load More