ジュリオ・セザール「インテルの歴史の一部であることを知れて光栄だ」

ジュリオ・セザール「インテルの歴史の一部であることを知れて光栄だ」

 同ブラジル人がインテル本社を訪問した。

 ミラノ発 – セーブと情熱でファンの心を勝ち取った。インテルで公式戦300試合出場したジュリオ・セザールが7日(月)インテル本社を訪問し、7年間で出会った古い友人と獲得したトロフィー(合計14個獲得)と再会した。2020年クラブ殿堂入りGK選手となった同ブラジル人はインテルTVのインタビューに応じた:「ここに来れて嬉しい。最高の7年間だった。このトロフィーを見るのと、自分がインテルユニフォームを着用して素晴らしい瞬間を過ごしたクラブの歴史の一部に自分がいることをで知れて感慨深い。ミラノに来てファンと会うチャンスがある時は、過去に経験した美しい瞬間を語るのが大好きだ。ファンの心とピッチで証を残せたことを知れるのはいいね。そして自分を示すことが出来た。TVカメラの前でさえ自分の感情を出すのを恥ずかしく思ったことはない。それがよりファンと近い距離にしてくれた。私と家族にとってホームだった、国際レベルで自分自身を証明させてくれたよ。このクラブには感謝することしかできない」

 現在について:「今はエージェントして働いている。2018年に現役引退してから、自然に引き寄せれた仕事だった。学習から始め、現役生活とそこのサッカー界で経験したおかげで、他の選手をプロサッカー選手にして彼らの夢を叶える手伝えることが出来る素晴らしい機会を得た。それは私の夢でもあった」

 世界最高峰のGK選手の中で、ジュリオ・セザールは爆発力と技術力混ぜた能力を発揮していた:「複数の選手には練習で問題を引き起こした。ブルディッソを一度叩いたら、彼は怒ったんだ。私にとっては面白かったよ。5歳でサッカーを始めて、その頃はGK選手ではなかった。その後この情熱を見つけ出してゴールマウスの前に立ったよ。将来に何を望んでいたか理解した。それが変化の瞬間だったね。その頃はボールテクニックのあるGK選手が求められていた。私がそれができた。今日のサッカーは劇的に変化している。GK選手でも足元の技術は求められるんだ。今GK選手は相手を数的不利とするもう1人のフィールド選手となった」

 現在のインテル:「コンテは最高の仕事をしている。残念ながら決勝では負けたけど、惜しい所まで行った、このチームは日々改善するだけだ。そして勝利する信念を取り戻すだろうね」

 最後にインテルファンへのメッセージ:「在籍した7年間で私を受け入れ、愛情を示してくれた全員にいつも感謝している。ファンは私の心の中にずっといる」


Versi Bahasa Indonesia  English Version  中文版  Versione Italiana 

タグ: inter forever
Load More