魔法のような背番号10 ― インテルポッドキャストのテーマはロベルト・バッジョ

魔法のような背番号10 ― インテルポッドキャストのテーマはロベルト・バッジョ

 「10ナンバー10s」のインテルのオフィシャルポッドキャストの新エピソード

 背番号10番の役割を考える時、ピッチにおける詩人のような選手が思い浮かぶ。イタリアの背番号10番の歴史を振り返ると、ロベルト・バッジョは避けて通れない。マジカルナイト、灼熱のアメリカで見せた輝かしい活躍、そしてバロンドール受賞。またはシンプルに、その独特なポニーテール。イタリアのサッカーファン全員がロベルト・バッジョを愛したが、バッジョの評判はイタリア内に留まらなかった。そのレベルの高いパフォーマンスは国境を越え、イタリア国内のチームに所属するバッジョは、特に代表としての活躍でファンを魅了した。

 イタリア代表としてブルーを身に着けてプレーしてきたバッジョだが、1998年にはそこにブラックが加わった:バッジョがインテルに移籍を果たした。当時のクラブには“フェノーメノ”ロナウドが在籍していた。もし負傷に苦しめられることがなければ、両選手はセンセーショナルなパートナーシップを築き上げたことだろう。ボローニャからインテルに移ったバッジョはネラッズーリとして59試合に出場し、17ゴールを挙げた。その中でも特にインテル・ファンの記憶に残っているのは、チャンピオンズリーグのレアル・マドリード戦とCL予選出場権をかけて戦ったパルマ戦でのドッピエッタだろう。

 バッジョからのインスピレーション、ピッチにおける真のアーティスト。インテルの選手としてもその閃きとパフォーマンスによってゲームを好転させることができた。だからこそ、「10ナンバー10s」の10個目のエピソードとなる今日は、バッジョに捧げられた。

ロベルト・バッジョのエピソード

Spotify: spoti.fi/34k292l
Apple: apple.co/3hkqhpb
Google: bit.ly/3ghfpHr
TuneIn: bit.ly/34kU25N
Deezer: bit.ly/3hiE3J0
Spreaker: bit.ly/3hibZVq

 


中文版  Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versione Italiana  Versión Española 

タグ: podcast
Load More