2019-20シーズン・ヨーロッパリーグ最優秀選手にルカクがノミネート

2019-20シーズン・ヨーロッパリーグ最優秀選手にルカクがノミネート

 ベルギー人ストライカーは昨季、51試合に出場して34ゴールを挙げた。そして3人の候補者のうちの1人に選ばれた ― 勝者は10月2日に発表される。

 ミラノ発 – ロメル・ルカクが2019-20シーズンのヨーロッパリーグ最優秀選手にノミネートされた。昨シーズンに公式戦計51試合出場34ゴールを記録したインテルの同FWは、グループステージの全48クラブの監督及びヨーロッパのスポーツメディアから選出された55人のジャーナリストによって3人の最終候補者の1人に選ばれた。ルカクと共にファイナリストに選出されたのはヨーロッパリーグ得点王のブルーノ・フェルナンデスとエベル・バネガだ。最優秀選手の発表は10月2日(土)に行われる。

 2019-20シーズンのインテルのトップスコアラーであるルカクは、UEFAカップ/ ヨーロッパリーグの連続得点記録で新記録(11試合)を樹立した。ルカク以前の最多連続得点記録はアラン・シアラーの8試合(2005年、ニューカッスル選手として)だった。

 34ゴールを記録したことで、ルカクはロナウド(1997-98シーズン)の保持するインテル選手としてのデビューシーズンにおける公式戦最多得点記録に並んだ。ネラッズーリの背番号9番はヨーロッパリーグのみで素晴らしい活躍を見せたわけではない。同ベルギー人ストライカーはセリエAでも決定力の高さを証明し、23ゴールを記録した。その内の15ゴールはアウェイ戦で決めたものだが、これはイストヴァン・ニアーシュの1949-50シーズンの記録とタイだ。

 ルカクはゴールを決め、アシストも記録する。同選手とラウタロ・マルティネスは昨シーズン、全大会合わせて2人で合計55ゴールを挙げた。この2人より多く得点したコンビはバイエルン・ミュンヘンのロベルト・レヴァンドフスキとセルジュ・ニャブリのみだ。


Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  中文版 

タグ: lukaku
Load More