インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す

 ラウタロのハットトリック、エリクセンのドッピエッタ、ルカクとガリアルディーニの得点で勝利。

1/58
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す
インテルがサン・シーロでピサを7-0で下す

 ミラノ発 – 長い今夏が終わりを告げ、リーグ戦開幕が目前に迫っている。最後にサン・シーロで開催されたホーム戦から53日後のピサ戦で大きな弾みをつけたインテルは来週土曜日の今季初の公式戦を迎えることになった。今日の練習試合インテル対ピサ戦で数多くのゴールと良い意図を持ったプレーがあり、今季セリエA開幕戦を見据える最後の準備期間となる一週間に向けて最高の形でスタートする刺激となる。

 インテル7-0ピサ(ラウタロのハットトリック、エリクセンのドッピエッタ、ルカクとガリアルディーニの得点)は1000人の観客の前で行われた。最後にネラッズーリがサン・シーロの観客の前で試合を戦ったのは今年2月のコッパ・イタリアでのナポリ戦。

 コンテのチームは今日の試合で非常に優れたパフォーマンスを披露。特に前半で相手チームを完全に凌駕した。インテルは3-4-1-2のフォーメーションでスタート。ダンブロージオ、バストーニ、コラロフの守備ライン、ハキミとペリシッチがサイドハーフ、ガリアルディーニとバレッラがボランチ、司令塔にエリクセン、2トップはお馴染みのルカクとラウタロ。

 ネラッズーリは攻守の切り替えに加えて速いボール回し、ペリシッチとハキミが待ち構えていた両ウィングでのスペース探しを課題として取り組んだ。そして5分で先制点を奪う。ペリシッチが左サイドからルカクのゴールをアシストした。

 ピサはインテルを止めるのに苦戦し続け、11分に再び失点を喫する。ガリアルディーニが右足で素晴らしいゴールを決めた。そして同イタリア人はラウタロのヘディングシュートをお膳立てするクロスでチーム3点目に関与した。5分後にサイドを広く使って追加点を奪う。右サイドからハキミのボールをコントロールしたエリクセンが得点。その後もコラロフの惜しい直接FK後にまたラウタロがネットを揺らす。左サイドからカットインをして相手選手を抜き去った同アルゼンチン選手は低い弾道でニアサイドを撃ち抜いた(35分)。3分後にはハキミのアシストからエル・トロがハットトリックとなるゴールを挙げた。

 多くの交代はハーフタイムで行われず65分に実行された。だが後半はネラッズーリのテンポが前半より落ちるも、ラドゥが守るゴールにピサの攻撃を許さない。そして後半唯一の得点が生まれる:ダンブロージオのセンタリングからエリクセンが頭で流し込んでインテルは7-0の勝利を収めた。

 インテルは一部ファンが入場したサン・シーロで大量7得点を奪った。ネラッズーリは申し分ない結果で今季セリエA初戦(フィオレンティーナ)を迎える:日本時間9月27日3時45分、サン・シーロ。

インテル対ピサ戦の情報

インテル 7-0 ピサ | 試合詳細

得点者:ルカク(5分)、ガリアルディーニ(11分)、ラウタロ(15分、35分、37分)、ルカク(20分、72分)

インテル(3-4-1-2):1 ハンダノヴィッチ(97ラドゥ46分); 33 ダンブロージオ、95 バストーニ(31 ピロラ65分)、11 コラロフ;98 ハキミ(29 ダルベルト65分)、23 バレッラ(32 アゴウメ65分)、5 ガリアルディーニ、14 ペリシッチ;24 エリクセン;9 ルカク(19 サルセド65分)、10 ラウタロ(7 サンチェス65分)
控え:27 パデッリ、97 ラドゥ、6 デ・フライ、12 センシ、13 ラノッキア、15 ヤング、37 シュクリニアル、44 ナインゴラン、77 ブロゾヴィッチ
監督:アントニオ・コンテ

ピサ: 1 Perilli (22 Loria 46分)、2 Birindelli (3 Pisano 46分)、8 Caracciolo(4 Belli 46分)、14 Marin (5 Pompetti 75分)、19 Vido (26 Masucci 46分)、23 Lisi (17 Sibilli 75分)、24 Varnier、27 Gucher (7 Siega 46分)、30 De Vitis(10 Soddimo 46分)、31 Marconi (11 Minesso 75分)、33 Benedetti.
控え: 12 Kucich、15 Zammarini、25 Masetti、36 Fischer.
監督:Jacobacci.

主審:ボナキア
副審:コンソッニ、ベルナッソ


Versi Bahasa Indonesia  English Version  中文版  Versione Italiana  Versión Española 

Load More