マロッタ「信頼性と目的の一致:クラブの未来のために一致団結」

マロッタ「信頼性と目的の一致:クラブの未来のために一致団結」

 インテルの今季最初の試合の前日、ネラッズーリCEOがジャーナリストの質問に答えた。

 アッピアーノ・ジェンティーレ発 - ネラッズーリの今季初の公式戦であるインテル対フィオレンティーナ戦(サン・シーロで日本時間27日3時45分キックオフ)の前日、クラブCEOジュゼッペ・マロッタが監督アントニオ・コンテと共に記者会見に出席し、ジャーナリストからの質問に答えた。マロッタはまず記者会見冒頭で、COVID-19と最前線で戦う医療従事者への感謝を述べた。

 「これから始まるシーズンは通常とは異なる:スケジュールの観点からもそうであるし、昨シーズンが数週間前に終わったばかりであるということもある。その上、全てがコロナ禍の影響を受けているということがある。そのため、この試練の時をその揺るぎないプロフェッショナルな仕事によって少し楽にしてくれた医師や医療に携わる方々全員に感謝する。公衆衛生の危機は我々の家族や仕事に大きく影響した。サッカーは希望の光になることができるし、インテルが我々のファンの生活に喜びをもたらし続けられることを願っている」

 今夏の移籍市場は10月5日に終了する:これまでのクラブの移籍関連の成果についてどのように考えているか。また、今後新たに加入が予定される選手はいるか。
 「クラブのタスクは、経済的に可能な範囲で最高のチームを作ることだ。コロナ禍はいくつかの問題をもたらしたが、それは我々の経営にも当てはまる。経済的な持続性について真剣な議論が行われた:この状況に注意深く対処しなければならない。ヨーロッパのチームが選手の獲得にそれほど多くの資金を割かないことは予想できる。慎重に仕事を進め、チャンスがくればそれを掴む。もちろんチームの強化を目指しているが、全てにおいて慎重に取り組む。大きな動きはないだろう。多くのオーナーとクラブの会長にとって、変わらぬコストと減少した収入のバランスをとることは難しいことだ」

 クラブは昨シーズンを大きな成功とみなしているか。また、来るシーズンの目標は何か。
 「昨シーズンは本当に素晴らしいシーズンになった。そしてそれはコンテの功績だ:我々は彼に何ができるかを既に知っているし、最も重要なことは彼が作り上げた環境だ。アントニオは本当にこの仕事に力を注ぎ、それは常に成果を出してきた。我々は昨シーズン、全体的な成長を遂げた:見逃されたことは何もない。コンテはチームの信頼性を再び作り上げた:新たに意志が統一され、我々全員がインテルのために最善を尽くそうとした。我々全員が監督の背後につき、クラブのインフラストラクチャーに着手することで彼がチームを改善する助けになりたいと考えている。監督コンテについて1つ言えることは、彼が最近個人的に蘇寧トレーニングセンターの芝のチェックをしているところを目撃したことだ。これは彼の全面的な取り組みとインテルへの愛の表れだ。我々の目標は、正にインテルのようなクラブが目指すべきものだ:再びリーグ4位以内になってチャンピオンズリーグ出場権を手に入れること、そしてチャンピオンズリーグとコッパ・イタリアでもベストを尽くす。我々の昨シーズンは強かった、そしてこれからもこの道を進まなければならない」

 共に旅を続ける上で、クラブと監督の関係はどうなるか。
 「アントニオは信頼に足ることを示し続けているし、物事を真摯に捉える真のプロフェッショナルであり、自身が重視する強い価値感を持っている。インテルは我々が行うこと全てがビジネスであると示した。対立があったとすれば、それは常にチームの改善のためだった:私は、今後もそうあり続けるだろうと確信している。これは我々がお互いに抱いている強い感情と改善への野望の表れだ。このような緊張はゲームの通常の一部だ。コンテと私は一緒に働き始めて5年目に入る:目的は常にホームにポジティブな結果をもたらすことだ。緊張がなければ、人々の決意は弱まり努力を怠るものだ。競争力を保つためにはアドレナリンが必要だ。関係者全員がインテルの成長のために共に働いている」

 クラブは1年前、スポーツ上のプロジェクトでそれが大きな役割を果たすということを確信していた。現在、ペリシッチとナインゴランがクラブに帰還したが。
 「昨シーズンが始まった時はいくつかのガイドラインとマネージメントに関する基本的なアプローチが必要であり、それを即座に実行した。今年は物事が変化し、多くが改善されたし、目立った問題点はない。実際に何も問題はない。昨年とは異なる状況だ。我々のチームは大きい、移籍市場が閉まるまでにいくつかの変化があるだろう:オファーが来る可能性もあると同時に、我々はいくつかの事柄に対応している」

 インテルは今季とても大きなチームでスタートする:これほど多くの選手を抱えてシーズンを始めることについて懸念はあるか。
 「このシーズンが通常と異なる大きな理由は、いかに短い間隔で試合が行われるかだ。その上、更に2回の選手交代が可能になる。このようなシーズンには予期せぬ出来事や負傷は避けられない。今までよりも一層交代選手が重要になると考えている」

 インテルは強く、健全なクラブで成長し続けている:そうあり続けるための戦略とは?
 「既に述べたように、現在は世界的に収入が減少している歴史的に大変不安定な時期であり、それは必然的に各クラブやリーグに影響を与えている。我々のオーナーは、チームとクラブをできる限り支援するために経済的な責務を果たそうとしている。蘇寧グループは既に何年にもわたって大きな投資を行ってきたが、これからもそれを継続するだろう」

 考えられるスタジアムの再オープンに関するクラブの立場は?
 「我々が話題にしているウイルスは消え去っていないし、ヨーロッパ諸国で感染の増加を目の当たりにしている。もちろん、空のスタジアムでプレーすることは奇妙なことだ。サッカーにはファンが必要だし、ファンにはサッカーが必要だ。しかしこれは我々次第で決められることではないし、思慮深く責任を持って対処する必要がある」


Versione Italiana  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  中文版  English Version 

タグ: marotta
Load More