コンテ「アタッキングプレーは良かったが、もっとバランスが必要だ」

コンテ「アタッキングプレーは良かったが、もっとバランスが必要だ」

 4-3で勝利したフィオレンティーナ戦後の同ネラッズーリ指揮官のコメント。

 ミラノ発 - アントニオ・コンテのインテルは2020-21シーズン・セリエAを激しく劇的にスタートした。ネラッズーリはフィオレンティーナ戦を4-3で勝利。クアメの先制ゴール、ラウタロの同点弾、チェッケリーニのオウンゴール、リベリーのアシストからカストロヴィッリとキエーザがゴールを奪いヴィオラが一時逆転。しかし途中出場ハキミとサンチェスがルカクダンブロージオのゴールをアシスト。センシ、ビダル、ナインゴランも途中出場してインパクトを残した。 

 同指揮官のコメント:「交代はポジティブなインパクトがあった。ハッピーだよ。選手たちはそれを知っている。長く大変なシーズンになるね。誰にでも出場する機会はある。我々が全選手が必要なんだ」

 「勝点3は重要だ、多くチャンスがあり4得点を奪う道を探し出した。それはポジティブな面だが同時にあの様に3失点を喫してはダメだ。チームは逆転する前にも優勢にプレーしていた。アタッキングプレーは良かったし、フィオレンティーナに重度の問題を引き起こしたよ。しかし攻撃時にはバランスを保たないといけない。この件については集中が欠如していたし、改善する必要がある。もし最高のシーズンを送りたいなら、バランスが全ての基盤となるんだ。今日新しいスタイルの守備をしたが、正しい方法の守備はチーム全体次第さ」

 「昨季の成績後、我々は国際レベルで信頼を勝ち取った。我々はインテルをいるべき場所に連れ戻した。結果に関係なく、進むべき道がある。そしてメンタル部分での選手の成長を見ることは監督として最重要項目だ。選手たちは勝利への欲と誇り意識を示した。ファンに喜びを運ぶためにこの道を継続して進みたい」

 最後に個々の選手について:「ハキミは重要な特性を持っている。彼は最近クラブに加入した。守備の面で取り組む必要がある。しかし攻撃の面では非常によくやっているよ。後半に彼を投入することは考えていた。疲労感が漂い始めた時、彼はスペースで鍵となれる。彼には質があるから途中出場させた。エリクセン?加入当初に比べたら、数段階レベルが上がっている。彼は自身の理想的なポジションでプレーしていて、今日は良いプレーをしたと思う。エリクセンが重要な能力を持っているのは知っているから、彼と一緒に取り組んでいるよ。私は彼を信頼しているんだ、とても良いトレーニングをしているからね。それにチームのために起用可能な状態を作っている。彼が最大レベルに到達するキッカケをすぐに見つけ出せること願っているよ」


Versione Italiana  中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  English Version 

Load More