インテル・テープ | クルス、カンビアッソ、2007年12月のダービー

インテル・テープ | クルス、カンビアッソ、2007年12月のダービー

 “クチュ”が決勝ゴールを奪って、同試合後に特別なプレスインタビューを行なった | 写真とビデオ

 ミラノ発 – On 23 December 2007年12月23日、インテルはクルスとカンビアッソのゴールでACミランを逆転で下した。しかし興奮は試合中の出来事に収まらなかった。過去のアーカイブを掘り返して、同ダービー後の“クチュ"カンビアッソの特別なプレスレビューを見つけた。

 今週土曜日の今季セリエA第4節ACミラン戦を前に13年前に勝利したミラノダービーを振り返る。

 試合18分にピルロがACミランに先制点を与える。そしてネラッズーリはカンビアッソのパスを受けたクルスが3人の相手選手に囲まれるのも同点ゴールを決めた。

同コンビがインテルの勝利に貢献。

 左サイドからクルスがセンタリング。マルディーニが頭で触ったが、そのボールをカンビアッソがジーダが守るゴールに突き刺してインテルに決勝弾をもたらした。

インテル 2-1 ACミラン

得点者:ピルロ(18分)、クルス(36分)、カンビアッソ(64分)

インテル:12 ジュリオ・セザール;13 マイコン、2 コルドバ、25 サムエル(23 マテラッツィ37分)、6 マクスウェル;4 サネッティ、19 カンビアッソ、26 キヴ;11 ヒメネス(30 ペレ80分);8 イブラヒモヴィッチ、9 クルス(29 スアソ86分)
控え:22 オルランドーニ、16 ブルディッソ、18 クレスポ、31 セザール
監督:ロベルト・マンチーニ

 同試合後、エステバン・カンビアッソがピッチ外の中央舞台にも立ち、当時発行された新聞記事をチェックした:


中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  English Version  Versione Italiana 

INTER vs AC MILAN | CAMBIASSO'S 2008 POST-DERBY PRESS REVIEW

Load More