Conte: “We’ll give our all for the Nerazzurri colours”

コンテ「ネラッズーリカラーのために全力を尽くす」

 ダービー前記者会見における同監督の発言

監督にとって同1戦が持つ価値は?非常に重要なサイクルが幕を開けるが...

「我々は全ての試合で好成績を収めたいと思っている、どの対戦も勝ち点3を得る機会だ。当然ながらダービーはより大きな挑戦を意味する。良いパフォーマンスを発揮している、強いチームと対戦する。彼らは昨シーズン終盤からの素晴らしいパフォーマンスを変わることなく維持し続けている。良い結果を出したい、これまでの結果に繋げたいと望んでおり、挑戦になることも承知している」

多くのネラッズーリの選手達が自国代表チームで好パフォーマンスを披露したが

「最後に戻ってきたのはアレクシスとビダルだ。国際試合で良い成績を収めれば、高い士気を抱え戻ってくる。試合に向けしっかりと準備を行い、代表戦で好成績を収めた選手達が持ち帰った士気を最大限に生かしたい」

試合前1度しかトレーニングが行えない状況下で、ダービーの準備を行う苦労は?

「あと1日あればもっと楽になっただろうが、考慮するべき日程があるため遵守せねばならない。他に選択肢がない為、今日は試合の準備を行った。ビデオ分析と座学の間のトレーニングは、それほど激しくも長くもある必要はないだろう:選手たちは2、3試合を連続で戦い昨日戻ってきたばかりだ」

この試合は正念場、成熟具合のテストであると言ってもいいだろうか

「第4節目だ、重要な試合はこれからシーズン終盤にかけて続くだろう。責任を担うという点で選手達の成長を期待しているのは明らかだ。前進を続けることが重要となる」

アレクシス・サンチェスの調子は?

「彼は昨日、筋肉に疲労を抱え戻ってきた。今日のトレーニングで評価することになるだろう、注意が必要なことは明白だ。3日毎に試合を行うサイクルが始まる為、選手と一緒に検討し、リスクのレベルを判断することになるだろう。身体的な感覚に基づいて彼が準備ができていると言うのであれば、我々は彼の話に耳を傾けるつもりだ」

現在直面している健康状態の危機は、どのような影響を与えている?

「皆で積極的に、手を取り合い取り組む必要がある。また現状を受け入れねばならない。忍耐と意欲が求められる。既に我々は非常に困難な時期を経験してきたが、それがすぐに忘れ去られてしまうのは残念だ。スポーツ、また人生のあらゆる局面においても、次なる困難な時期が訪れているように思える。今まで以上の団結力を発揮し、最善策を施し前進していかねばならない。リーグが中止されてしまえば、誰にとっても悲惨な状況は免れない。それぞれが自らの領域で全力を尽くすことが必要だ」

イタリアサッカーのフィロソフィーやメンタリティに試合をよりコントロールし守備でのリスクを犯す変化は感じられたか?

「昨シーズン我々は全大会を通し113ゴールを記録した。これを繰り返したいと望んでいる。サッカーは常に進化し続けている:インテンシティとテンポは上がり、プレスの仕方も変わっている。我々は特定の状況やチャンスに適応する必要がある。イタリアではオープンな形で試合を展開し、後方のビルドアップからアイデアを提案したいという気概が高まっている」

インテルは多くの選手を欠くことになるが、チームはピッチ上でより競争力のあるプレーをする必要があるのだろうか?

「困難に直面したからといって、チームの強度や意欲が影響されるべきではないと私は考えている。我々の決意、姿勢、集中力のレベルは常に最高潮でなければならない。インテルに加入して以来、集中力と意志力のある選手しか目にしていない、自分が見ているものに満足している」

ハキミとテオ・エルナンデスのマッチアップはどうなると予想している?

「それぞれのチームを助けることができる、非常に面白い選手を擁する2チームの対戦を予想している。ハキミとエルナンデスは共に素晴らしい身体能力とクオリティを有している」

インテルの3バックはチームのプレースタイルにどのようにフィットしているのだろうか?

「センターバックにはビルドアップを手伝うよう指示を出している。またセンターバックの両脇のディフェンダーの1人にも攻撃に参加させている。これまでの監督としてのキャリアにおいては、SBの選手にその役割を担ってもらってきた:その一例がアスピリクエタとコラロフだ。3選手での守備陣形を採用するクラブが増えている:これはゲームの進化形だと言える」

中盤で誰を起用するかはもう決断したか?

「現在中盤の選手が4人しかいないことを考えると、選択にはさほど悩むことにはならないだろう。明日は3~4日おきの開催となる7連戦の最初の試合だ。常に言っているように、ローテーションは必要だ。同時に私は非常に落ち着いてもいる:先発で中盤の3選手を起用する。新加入選手は水曜日にプレーすることになるだろう。土曜日もだ。誰もが起用される、最も重要になるのは準備ができているという意思を示すことだ:選手達は先発出場だろうと途中出場だろうと、インパクトをもたらす必要がある」

エリクセンのコメントに対する反響は?

「彼がインテルでそれほど試合に出ていないかはわからない。今のところ私の考えでは、彼は良いプレーをしている。間違うこともあるが、私はチームにとって良いと思える決断を下す。彼がインテルにもたらすものに感銘を受けている。皆にとってそうであるように、ここには彼にも十分な居場所がある:長く困難なシーズンになるだろう。明日は中盤の3選手を起用し、控えでもう1選手中盤の選択肢を用意する。エリクセンは自分の持つ価値を示している」

コロナ陽性と診断された選手が再びピッチに立つまでどれくらいかかるか?

「コロナ陽性の選手は、スタッフ全員が毎日のようにチェックしている。自宅でボールを使うのは困難だが継続させている。自主隔離によるダメージを軽減する為にビデオセッションも行っている。現在トレーニングを継続しているチームメイトよりもコンディションが悪化するのは当然だ」

無観客でのダービー開催はどの程度残念か?

「ファンの声援なしにプレーするのは、残念ながら楽しい経験ではない。観戦に訪れたファンを楽しませるためだけに、どれだけ汗を流し働いたかを忘れてしまう。前回のダービーではファンの声援が追走劇には欠かせなかった。しかし今回我々には選択肢がなく、クラブのカラーのためにベストを尽くすしかない」


Versione Italiana  Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia  中文版 

Inter-Milan | La conferenza stampa della vigilia di Conte

Load More