ハンダノヴィッチが苦い夜に新記録樹立:「もっと上手くやる必要がある」

 同スロベニアGK選手がセリエA歴代最多PKストップ回数を達成した。

1/5
ハンダノヴィッチが苦い夜に新記録樹立:「もっと上手くやる必要がある」
ハンダノヴィッチが苦い夜に新記録樹立:「もっと上手くやる必要がある」
ハンダノヴィッチが苦い夜に新記録樹立:「もっと上手くやる必要がある」
ハンダノヴィッチが苦い夜に新記録樹立:「もっと上手くやる必要がある」
ハンダノヴィッチが苦い夜に新記録樹立:「もっと上手くやる必要がある」

 ミラノ発 – ACミランの先制点はイブラヒモヴィッチのPKがインテル守護神に止められた直後に生まれた。失点の失望はあったが、サミル・ハンダノヴィッチはセリエA通算25回目のPKストップを達成し、同リーグ歴代最多となるPKストップ記録を樹立した。2005年から今日まで同インテル主将は481試合でPKストップ25回を成し遂げ、ジャンルカ・パリュウカ(歴代2位592試合PKストップ24回)を抜いた。

 新記録樹立したが、ミラノダービー敗北の痛みを和らげることはなかった:「イブラヒモヴィッチは自身の役割を担った。でも僕らは上手くやり遂げるには不十分で、多くのチャンスをフイにした。とにかく自分たちの良い部分は出せた。水曜日にはまた新たな試合がある。しっかりとやる気に満ちた状態にしないといけない。今日のダービーには1日半しか準備時間がなかったが、良いパフォーマンスを発揮できたと思う」

 「失点が多い?そうだね、僕らは数多くのチャンスを作っているから相手チームに空間を与えてしまう。チームとしてもっとバランスを取らないといけない。このチームには大きな信頼がある:普段通り僕らはポジティブになって水曜日は勝利するために全力を出すと信じている。当然今夜の試合のポジティブとネガティブ要素を学ぶよ。でも水曜日の試合に向けてメンタル的に準備しないといけない」 


中文版  Versione Italiana  Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia 

Load More