ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー

 サン・シーロでボルシア・メンヒェングラードバッハが勝利するかと思われたが、インテルのベルギー人ストライカーが90分に得点し、最終スコアを2-2とした。

1/59
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー
ルカクがドッピエッタ、インテルの今季チャンピオンズリーグ初戦はドロー

 ミラノ発 - 昨シーズンのチャンピオンズリーグ初戦と同じく、アディショナルタイムのゴールで引き分け:ネラッズーリは2019年のスラヴィア・プラハ戦と同様に、今季もホーム戦引き分けでヨーロッパの旅をスタートした。昨季アントニオ・コンテ率いるインテルに同点弾をもたらしたのはバレッラだったが、今季のチャンピオンズリーグ初戦で注目を浴びたのはロメル・ルカクで、同ストライカーは試合終了間際の同点弾だけでなく先制点も記録した。

 対戦相手のボルシア・メンヒェングラードバッハはこの試合でシュートを2本しか記録しなかったが、その両方を得点につなげ、インテルを危うく敗北させるところだった。インテルが多くの時間帯でこの試合をコントロールしていたことを思えば、ネラッズーリにとって悔いの残る試合となったことは疑いないだろう。しかし試合終了6分前に失点した後に反撃し、同点弾の喜びも味わうことになった。

 インテルは今シーズンのチャンピオンズリーグを2-2の引き分けでスタートしたが、今夜行われたもう1つのグループBの試合であるレアルマドリード対シャフタール・ドネツク戦は2-3という結果に終わっている。インテル対ボルシアMG戦序盤は大きなチャンスはあまりなく、ローゼが起用した戦術によってピッチの全域で1対1が多くなり、ネラッズーリはリズムをなかなか掴めずにいた。

 それでもインテルはなんとか突破口を開こうとベストを尽くす。ライン間で動くエリクセンと共に、今夜デビューを果たしたマッテオ・ダルミアンも右サイドで対戦相手に脅威を与える。インテル加入前にマンチェスター・ユナイテッドとパルマでプレーした同DFは、試合開始直後から新しいチームメイトと息の合ったプレーを見せた。

 ダルミアンはペリシッチの絶妙なクロスに頭で合わせ、ネラッズーリ最初のチャンスを演出したが、これはクロスバーを越えてしまう。同選手は21分にも、エリクセンに折り返しのパスを送り、同選手のチャンスを演出。しかしエリクセンのシュートはゴール直前でクラマーにブロックされた。41分にはルカクが鋭いシュートを放つも、これは惜しくも左ポスト横へと外れた。このルカクのシュートが前半最後のチャンスとなったが、対戦相手のボルシアMGの前半のシュート本数は0だった。

 後半は忙しなく始まった:インテルは後半開始から4分、多くの選手が関与して先制点を奪うことに成功する。ビダルがペナルティーエリア目掛けてクロスを上げ、ラウタロが頭で合わせたボールをダンブロージオが折り返す。それを更にダルミアンが右足でルカクに送り、最終的に同ストライカーが近距離から突き刺してゴールを決めた。この先制点でネラッズーリは勢いに乗り、ダルミアンが続けてチャンスを作った。

 ドイツチームはこのインテルのゴールに対してリアクションを示すことができず、監督ローゼもチームに一貫性のある攻撃をさせることができない。しかし63分、ボルシアMGに突然ビックチャンスが訪れる:テュラムに対するビダルのファールにより、アウェイチームにPKが与えられる。ベンセバイニがこれを決めて、ボルシアMGが1-1の同点に追いついた。リードを失ったネラッズーリは少し疲れが見られ、勢いを失ったように見えた。

 チームは勝利を諦めたわけではなかったが、試合の最初の60分に比べると、攻撃の流れが滞るようになる。前に向かい続けるネラッズーリは、ターニングポイントとなる素晴らしいチャンスを作り出す:ダルミアンが見事な走りを見せたラウタロに素早いクロスを送り、同アルゼンチン人選手が右足でボレーシュートを放ったが、残念ながらポストに嫌われた。

 しかしこのチャンスの後、インテルに厳しい逆風が吹いた:ホフマンが抜け出してハンダノヴィッチと1対1になり、冷静にグラウンダーのシュートを決めて1-2と逆転されてしまう。VARによる時間をかけた確認後、このゴールは認められた。インテルに残された時間はわずか6分だ。

 だがいつもそうであるように、インテルは諦めることはなく猛攻をかける:ダルミアンの素晴らしいヘディングは、ゾマーの見事なセーブに阻止される。続くCKはコラロフが蹴り、そこにバストーニが頭で合わせたが、更にファーポストのルカクが押し込んで、ネラッズーリの同点弾を確実に決めた。

 その後も攻撃の手を緩めないインテルは、90+6分に勝利に向けた絶好のチャンスを得る。しかしコラロフのフリーキックはサイドネットの外側に当たった。こうして試合は2-2の引き分けで終了した。ネラッズーリは勝点1で終えた悔しさと再び同点に追いついたことへの自信という複雑な感情で試合終了を迎えた。ネラッズーリは週末、再びセリエAの試合に臨むことになる。しかしチャンピオンズリーグの第2節もすぐ来週に行われる。

インテル 2-2 ボルシア・メンヒェングラードバッハ

インテル(3-4-1-2):1 ハンダノヴィッチ;33 ダンブロージオ、6 デ・フライ、11 コラロフ;36 ダルミアン、23 バレッラ、22 ビダル、14 ペリシッチ(79分95 バストーニ);24 エリクセン(79分77 ブロゾヴィッチ);9 ルカク、7 サンチェス(46分10 ラウタロ)
ベンチ:27 パデッリ、35 スタンコヴィッチ、13 ラノッキア、38 ボスコロ・キオ、42 モレッティ、44 ナインゴラン、47 スクイッツァート、99 ピナモンティ
監督:アントニオ・コンテ

ボルシア・メンヒェングラードバッハ(4-2-3-1):1 ゾマー;18 ライナー、28 ギンター、30 エルヴェディ、25 ベンセバイニ; 6 クラマー、32 ノイハウス;23 J. ホフマン、36 エンボロ(75分7 ヘアマン)、10 テュラム(90+5分11 ヴォルフ);14 プレア(90分13 スティンドル)
ベンチ:21 ジッペル、31 グリュン、3 M. ラング、16 トラオレ、17 ヴェント、24 ヤンチュケ、43 ライツ
監督:マルコ・ローゼ

得点者:ルカク(49分、90+1分)、ベンセバイニ(63分/ PK)、ホフマン(84分)
イエローカード:ダンブロージオ、デ・フライ、クラマー、ハンダノヴィッチ
アディショナルタイム:1+7分

主審:カイパース    
副審:ファン・ロウケル、ゼインストラ
第4審:リンドハウト
VAR & VARアシスタント:マッケリー、デ・フリース


Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  中文版  English Version  Versione Italiana 

Load More