ピナモンティ「このユニフォームを再び身に付けることができるのは素晴らしい気分だ」

ピナモンティ「このユニフォームを再び身に付けることができるのは素晴らしい気分だ」

 ジェノア戦後半にネラッズーリ復帰を果たした同選手のコメント。

 ジェノア発 – サッカーには開始と再開がある。アンドレア・ピナモンティはインテルユースで成長を遂げ、2016年12月にトップチームデビューを果たした彼を導いたもの。ネラッズーリでの第1章で5試合に出場したピナモンティの最後の試合は2018年2月のジェノア対インテル戦だった。ピナモンティは昨季所属したジェノア戦でインテルユニフォームを身にまとって帰ってきた。歴史は繰り返される。

 新しい始まりは勝点3で幕を開けた。同FW選手はインテルTVに心境を語った:「このユニフォームを再び身に付けることができるのは素晴らしい気分だ。準備を整えるためにハードワークした。とても嬉しい。当然、多くの元チームメイトと対峙したこのスタジアムでのプレーは特別だった。事実は言葉より物語る:僕らは勝利しないといけなかったし、ここでは決して簡単ではない。ジェノアは闘うチームだからね」

 「ただ才能溢れるだけではなく、全般的に最高の人間であるチームメイトを持ててラッキーだ。ピッチに入った瞬間、ルカクが多くの助言を与えてくれた:僕は多くの素晴らしい選手たちに囲まれている。監督はボールを守って、背後のスペースを探せと指示した。試合を終わらせる必要があったからだ。今週中、常にピッチに向かうための準備を整える練習をたくさんしたよ」


中文版  Versione Italiana  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  English Version 

Genoa-Inter | Le interviste di Pinamonti e Ranocchia

Load More