ヤング「ドローは残念だ、でも僕らにはマドリードで勝つ力がある」

ヤング「ドローは残念だ、でも僕らにはマドリードで勝つ力がある」

 ネラッズーリのサイドハーフが0−0のドローに終わった2020−21シーズンUEFAチャンピオンズリーグ・グルB第2節後にコメントを発した

 キエフ発 – 本日27日(火)先発としてピッチに復帰したアシュリー・ヤングが、スコアレスドローに終わったシャフタール・ドネツク戦後インテルTVとSkyのインタビューに対し次のように語った:「試合は僕らがコントロールしていた:彼らは全員で自陣へと引き守備に徹した。試合の内容を見る限り、勝ち点3ポイントを奪えなかったのは残念だ」

 「僕らは厳しいグループに入ったけど、チャンピオンズリーグではこのようなことは当たり前に起こることだ。勝利を挙げられなかったことには落胆しているけど、フラストレーションを溜めず前向きに考えなければならない。僕らは良いチームだし、今夜のようにプレーをすればレアル・マドリードにも勝てる可能性がある」

 「自己隔離期間を終えて復帰できたことを嬉しく思っている。今はパルマ戦へ向けて早めのリカバリーに努め、その後マドリードでの試合について考えるよ」


Versi Bahasa Indonesia  中文版  English Version  Versione Italiana  Versión Española 

Load More