マロッタ「言い訳はないが、VARは使われる必要がある」

マロッタ「言い訳はないが、VARは使われる必要がある」

 インテル2-2パルマ戦終了後のネラッズーリ・スポーツCEOのコメント。

 ミラノ発 - 2-2の引き分けで終わったパルマ戦後にネラッズーリのスポーツCEOジュゼッペ・マロッタがスカイのインタビューに応じた: 「私の干渉は言い訳を与える意味にはならない 。理由は試合に勝利するにはボールをゴールネットに突き刺す必要があり、今日のインテルのパフォーマンスはベストではなかった。しかし監督はこれについて議論する。そうは言っても、過去6試合の特定の出来事をハイライトするのが私の仕事であり、特に今はそうする唯一の機会だ」

 「VARは明確で明白な間違いの場合にのみ介入するという意味では、規則および規制上で空白の部分がある。だがミスを一つずつ追うことを意味していない。今日は我々の目からは明らかなPKがあった。主審がPKを与えるか、VARが使用されるべきだった。もしVARがただ部分的に使用されるなら、フラストレーションが溜まる状況が生まれる」

 「テクノロジーはミスを全体的に根絶できないが、抑えることはできる。これは使用されるべきだった典型的な場面だったね。サッカー界全体はテクノロジーの使用に賛成している。バロフとペリシッチの(PKの可能性があった)シーンをハイライトするのはただ通常のことだ。 だが私は文句を言うためにここにいない。ベネヴェント戦でも与えられなかった明白なPKシーンがあった時でもだ。我々はいい訳をしないが、監督と審判間の対話のレベル向上が必要だと思う。最大の冷静な視点を持って言っている。それは緊張を減らし、審判を助けるだろう」

 今季のタフなシーズンスタートについて:「多くのシーズンで困難な時期を経験している。今季は長いシーズンになるし、この試合の上に構築していかないといけない。例え試合前にこの試合結果を受け入れないと思っていたとしてもだ」


中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  Versione Italiana  English Version 

Load More