ヤング「勝利を挙げてもおかしくはなかった、正しい道を歩んでいる」

ヤング「勝利を挙げてもおかしくはなかった、正しい道を歩んでいる」

 イングランド出身の同SBがインテルTVに対しUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節についてコメントを発した

 マドリード発 - 「2点差を覆しての敗戦だったから、ドレッシングルームには深い失望が漂っているよ。試合を諦めず攻撃のチャンスを得てビハインドから追いつくことができた。確かに僕らは落胆しているけど、この試合を前向きに捉えてミランでの対戦ではより良い結果を出すために努めなければならない」とアシュリー・ヤングはインテルTVに対しレアル・マドリード戦を総括した。

 インテルの同SBはグループBの現状について予選突破にはまだ3試合が残されている事実を指摘した:「僕らは確実に正しい道を歩んでいる。そうでないと信じる理由はないよ。簡単ではないけど僕らはこの状況を好転させて、グループステージ突破に必要なポイントを獲得しなければならない」

 「今週末はアタランタとの難しい試合に臨む。勝ち点3を獲得して、勝利へ軌道に再び乗るためにできる限りのことをしたい。そしてインターナショナルブレイクを迎えて少しでもエネルギーを回復したいと思っている」


中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  Versione Italiana  English Version 

Load More