アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け

 ラウタロが先制ゴールを決めたが、ミランチェクが79分に同点弾を挙げた。

1/53
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け
アタランタ対インテル戦は1-1の引き分け

 ベルガモ発 -  8日(日)の試合で両チームは拮抗した試合展開だったが、同試合の引き分けに細かい部分や議論される部分はなかった。ラウタロ・マルティネスはネラッズーリにとって光となり、躍動した勝利への道を探し出した。59分に同アルゼンチン人選手が先制点を決めたのは驚きではない。その後スポルティネッロがインテルの決定的チャンスを立て続けに止めた。そしてアタランタの猛攻が始まり、セリエAデビューを飾ったミランチュクのゴールで試合を振り出しに戻した。激しい闘いとなった同試合中、インテルは一ミリも諦めることなく試合終了のホイッスルまで全力を注いだ。しかし最終的に1-1の引き分けで終了して、ネラッズーリは勝点1を獲得した。 

 チャンピオンズリーグでの敗北を払拭するためにインテルは完全なる覚悟を胸に抱いてアタランタ戦に挑んだ。しかし前半は遅いテンポで見せ場となる場面はほぼなく、両チームともに決定打を欠いた。ネラッズーリはボール支配率で優勢だったが、攻撃時のアイディアが乏しく効果的な仕事ができなかった。ラウタロは最も活発的なネラッズーリ選手だった。8分にはゴール前でダルミアンのクロスをゴール前で狙うもロメロのタックルでシュートを打てない。エル・トロはなんどもアレクシスとの連係プレーを披露し、ビダルもアタランタDF選手を自陣に留める動きをした。24分にはインテルの前半最大のチャンスだったヘディングシュートも放った。

 アタランタはゴメスの創造的発想やハテボール、セリエAデビューのルッゲーリがボールに絡んだが、ハンダノヴィッチにとって唯一危険だったのはフロイアーのクロスが直接ネラッズーリゴールを襲った時だった。

 今回の試合は不思議な展開だったのだが、両チームとも枠内シュートを打つシーンが皆無。インスピレーションが少し必要とした同試合はアシュリー・ヤングがその停滞した流れを動かす。58分、左サイドからアシュリー・ヤングがドリブルからクロス。ニアサイドにいたラウタロが上手く頭で合わせてボールをゴール右に流し込んだ。ネラッズーリにとって今季4度目のヘディングゴールはインテルにとって非常に喜ばしい一発となり、ようやく攻撃に光が差した。 

 そして64分、相手守備ラインをフリーランニングで突破したビダルがサンチェスからのパスを受けてゴール前へ独走。だが同チリ人のシュートは飛び出して来たスポルティエッロが体でセーブ、そのこぼれ球をニコロ・バレッラがダイレクトで狙うも同アタランタ守護神が再び好セーブで阻止した。インテルは試合の主導権を握っていたが、終止符が打てず。試合時間は終盤に差し掛かり、両チーム監督は交代カードを使って試合スピードを上げ、ゲームが再び活気付く。その結果、79分に途中出場のミランチュクがペナルティーエリア中央手前から左足を振り抜き、ゴール右隅に決めた。

 そのゴールが試合の流れを完全に変え、アタランタが攻勢を強める。85分にムリエルがゴール前でビックチャンスを得るが、同選手のヘディングシュートはゴール左に外れた。反対にインテルは守備を固めてアタランタに追加点を与えなかったが、決勝点を奪うアイディアと体力はほぼ残っていなかった。試合終了間際にロメル・ルカクがゴール前であと一歩に迫るもネットは揺らせず試合は1-1で幕を閉じた。

セリエA順位表

得点者:ラウタロ(58分)、ミランチュク(79分)

アタランタ(3-4-1-2):57 スポルティエッロ;2 トロイ(9 ムリエル73分)、17 ロメロ、19 ジムシティ;33 ハテボール、11 フロイラー、88 パサリッチ(32 ペッシーナ59分)、40 ルッゲーリ(26 モヒカ90分);10 ゴメス、 18 マリノフスキー(59 ミランチュク59分);91 ザパタ(7 ラマース73分)
ベンチ:31 ロッシ、95 ゴッリーニ、4 スタロ、27 デ・パオリ、42 スカルヴィーニ、72 イリチッチ、79 ディアロ
監督:ジャン・ピエロ・ガスペリーニ

インテル(3-4-1-2):1 ハンダノヴィッチ;37 シュクリニアル、6 デ・フライ、95 バストーニ;36 ダルミアン(2 ハキミ83分)、77 ブロゾヴィッチ、22 ビダル(5 ガリアルディーニ70分)、15 ヤング(33 ダンブロージオ83分);23 バレッラ;7 サンチェス(9 ルカク74分)、10 ラウタロ(14 ペリシッチ74分)
ベンチ:35 スタンコヴィッチ、97 ラドゥ、24 エリクセン、42 モレッティ、44 ナインゴラン、99 ピナモンティ
監督:アントニオ・コンテ

イエローカード:ラウタロ、ジムシティ、デ・フライ、ビダル
アディショナルタイム:0+3分

主審:ドヴェリ
副審:ロンゴ、ジョヴァーネ
4審:ジェルシーニ
VAR & VARアシスタントマリアーニ、ビンドーニ


English Version  Versión Española  Versione Italiana  中文版  Versi Bahasa Indonesia 

タグ: セリエA

関連ニュース

Load More